彼女できなくて、死にたいと思っている男性のための解決法は?~口コミはこちら

彼女できない しにたい

現在、彼女できなくて、死にたいと思っている男性もいるかもしれません。『死にたい』といっても人によって、どのレベルかはわかりませんが、まだまだ彼女を作るのをあきらめるのは早すぎます。

彼女を作るための解決法などをアンケートして聞いてみました。

『彼女できなくて、死にたいと思っている男性のための解決法は?』(アドバイス6件)

↓   ↓

■その1

彼女いない歴35年でしたが結婚したいと思っているのでしたら、お見合いか結婚相談所で探すことをお勧めします

彼女ができるためには出会いが無いと難しいのですが、モテないタイプのひとには自然に出会うことは期待しないほうがよいです。

 

工場に勤務していたので周りには女性がほとんどいなかったので、一日で一言もしゃべらないことも珍しくなかったです。どこに彼女といえる女性がいるのか皆目見当もつかない毎日でした。

コンビニやデパートで見かけるぐらいで話しかける雰囲気もなく、彼女をつくることは夢だと思っていました。

 

結婚を前提にすれば女性も相手を求めているので、彼女ができる割合は大きくなります。死ぬ前にすることはいくらでもあるので少しの勇気があれば前に進むことができます。

 

■その2

人は見た目が9割です。

見た目とはカッコいいとかスタイルがいいとかではなく(良いに越した事はないですが)身なりを整える、背筋を伸ばす、など相手に好印象を与えるということです。

 

たまにものすごく綺麗な女性がなんでこんな男と?って人と結婚してます。それはやはり優しいとか包容力が有るとかという理由も有るのでしょうが、共通して言える事は、見た目で不快感を感じないということです。

 

女性に縁がないと髪型や服装にも気が回らなくなります。しかしそれでは前進しません。髪型を変えてみたり、今まで着たことのないような服を来て町を歩いて見てはどうでしょう。

見える景色も違ってきますし、何より、世の中には沢山の女性がいるという事を実感できます。

モテなかったのは過去の事、一歩踏み出して自分を変えてみてはどうでしょう。

⇒出会いが全くない?社会人で恋人欲しいならココで恋活

 

■その3

彼女ができないと言う事は確かに寂しいことかもしれません。

 

もちろん、もともと彼女がいなくても寂しくないと言う男性にとってはこのような悩みは無用です。しかし彼女ができないからといって死にたいと思うほど残念と言う事はありません。

彼女を作ること以外にも人生にはもっと楽しいことがたくさんあるからです。

 

例えば自分の趣味をもっと楽しむと言う考え方をしてはいかがでしょうか。自分の人生なのですから彼女を作ることに重きをおかず、彼女ができないからと言って恥ずかしいわけではありません。

それよりももっと楽しいことがあると言うふうに信じて自分でその楽しみを見つけることが大事だと思います。
探せばきっと見つかるはずです。

 

■その4

いくら彼女が出来ないからといって、そんなに焦る必要はないと思います。

彼女が欲しいという気持ちの強さは人それぞれ違いますが、思い出してみてください。

彼女が欲しいと思っている時には、全くといっていい程出会いもなく、あったとしてもうまく行かないけれど、彼女が居るときに限ってモテ期がくると聞いたことがあると思います。

 

きっとそれは、心の余裕が外面に現れると言われています。なので、切羽詰って悩んでいると余計に逆効果になりえます

それならば、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、彼女がいれば当然ながら自分の時間というものは少なくなり、出費も増えます。しかし、一人であれば自分の時間がたくさん持てるし、お金も自分のためだけに使えます。

そうして日々を楽しむことによって、心にも自然と余裕がうまれ外面にも現れるかもしれませんよ。

 

■その5

彼女ができなくて死にたいと思っているそこのあなた、女の子なんて星の数ほどいます。

逆言えば、彼氏がほしくてたまらない女子も存在するわけで、死んだら当然彼女はできることはありません

 

しかし今後いきてきたらすくなからず彼女ができる可能性があります。

でも彼女って実は意外と大変なんですよ。けっこうお金もかかるし。プレゼントもねだられるし、デートいったらいったでお金もいるし、時間も制約されてきますしね。さらに、女子ってかなりわがままなんですよね。

 

こうやって考えたら彼女なんかいらないですよね。そうです、だから死ぬ必要なんかないんですよ。ほかにもっと楽しいこともいっぱいありますし、彼女にしばられなかったらどんな遊びをしてもOKですしね。

 

■その6

私も得意な方ではないですが、女性という事をあまり意識しない事が大切だと思います。

おそらくですが、相手が女性という事で意識し過ぎて不自然になっているのでは?と思います。

 

女性の興味を引きたい場合には、紳士的な対応というのが一番わかりやすい例えだと思います。女性に対してだけでなく、すべての方に対して紳士的で誠意を持って対応する事が、色々な方法の中でも一番の方法だと思います。

その事を意識する事で自然と女ではなく、女性というように意識が変わってきます。

そこが大きなポイントです。

また、女性の気持ちや思考が分からないという方は少女漫画などを一度読んでみると、何となく女性に好まれそうな事が分かって来ると思います。

 

彼女が出来ない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『もう死にたくない!モテないけど彼女できた実際の体験談』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

女性に中身を好きになってもらうしか方法は無いので、私は自分が好きな趣味や特技を活かして、同じ趣味趣向を持った男女が集まるイベントやパーティに参加したり、コミュニティーに入会しています。

 

すると、同じ思考を持つ女性と出会うので、女性と会話ができます。これはモテない男性からするととてつもなく大きいです。

何度会っても共通の話題があるので会話に困らないし、会う口実も作れます。

 

私は、好きになった女性をお茶や食事に誘って、共通の話題である趣味趣向を会話して親密感を深めていったのです。モテない男性でも、会話に困らない状況が作れる場所に自分を置けることが出来れば彼女ができる可能性がかなりアップします。

私はこのように趣味趣向が同じ女性と出会える場所に出かけて出会うことで、親密度を上げて、最終的に付き合ってくださいと言うことで、女性からオーケーを頂いています。

 

■その2

私は大学生になるまで彼女が出来た事がありませんでした。
好きな子に告白したことも何度かありましたが全てダメでした・・。

 

どうしたら彼女ができるか必死に考えました。

ファッションに興味なかったのに興味をもってみたり、勉強のために女性雑誌を読んだり、恋愛指南書のようなものを買ってみたり涙ぐましい努力をしました。

何度か合コンに誘ってもらって失敗しながらも学んだことは、大切なのは「自信」です。

 

以前は嫌わられるのが怖くて格好つけてわざと無口を装ったり、そっけない態度をとったり、これが良いと思い込んでいました。

実際は逆で嫌われてもいいからどんどん話しかけました。もちろん引かれる事もありましたがお構いなし。顔も今まで彼女が出来なかったのですから良いわけではありません。

それでも話しかける事でなんとか彼女ができました。

 

■その3

私は学生時代からまったくモテませんでした。社会人になってもモテるはずはなく彼女を作ることは諦めてどうでもいいと思っていました。

当然もてる努力などは何もしていませんでした。

 

こんな私ですが音楽が大好きでLIVEやクラブに通い始めました。

ナンパしようとか女の子と仲良くなろうとか言う気持ちは無く、純粋に音楽を楽しんでいました

同じライブハウスやクラブに通っているといつしか「あの人いつもいるなー」という感じで男女問わず知り合いが増えてきました。そして話をしているうちに、一人の女性と音楽の趣味や楽しみ方がピッタリと会いお付き合いすることになりました。

 

クラブやライブハウスなんていうと怖い場所と誤解されますが、ナンパとか考えないで純粋に音楽を自分が全力で楽しんでいれば同じような趣味の人が必ず現れるし、いつのまにか出会いのチャンスになっていることはあると思います。

 

■その4

こんにちは!
突然ですが皆さんは彼女がいますか?

僕は今まで持てたことがなく、彼女ができたことがなかったのですが最近ようやくできました。

今回はモテない僕が、どのようにして彼女を作ることができたかを紹介していきたいと思います!

 

まずは第一印象に気を付けました

大学の入学式に向けて良い美容院にいき、しっかりと身の回りを整えました。また、細かい襟やハンカチのたたみ方なども気を付けました。

初対面の人はいつもあっている人とは違い、自分のことを何も知りません。そのため第一印象をよくしておけばその人の中にいい印象を残せます。

 

入学式後できるだけ積極的に女子に声をかけに行きました

その後何人かと仲良くなり、一緒に食事をしたり、映画を見に行ったりして、最終的に告白しました。彼女を作りたい人はまず第一印象を大切にしましょう!

 

■その5

モテないけど彼女が出来たことがあります。

容姿もそれほど良くなく、トーク力もそれほどあるわけではないけど、彼女ができました。今から思えば、その理由はいくつかあったかなと思います。

 

まず、その彼女(当時好きな女性)と沢山会うようにしました。

単純接触が増えるとそれだけで、好きという感情が強くなっていくということを本で読みました。

大学時代の友達だったのですが、授業ではいつも隣に座るようにしました。そうして、単純接触を増やしていきました。

 

それから、その女の子の相談に乗るようにしました

最初のころは、恋愛の相談とかもあったのですが、親身に接することにしました。そうしていると、相手が自分のことを考えてくれる人なんだという気持ちが伝わってきたのだと思います。

そうしていながら、自然と付き合えるようになりました。

 

↑  ↑
以上がアドバイスになります。

次に、『死にたい』と思っている方に、非常におすすめの動画があったのでご紹介したいと思います。

【動画】「死にたい」は「生きたい」の裏返し~大愚和尚の一問一答

元勝和尚は「死にたい」と思うのは「生きたい・自分を変えたい」という思いの裏返しであると説きます。「自分を変える」ということの重要性、そして自分を変えるにはどうしたらいいのか?後半ではあの有名な歌を例に質問者様へ道筋を示しています。

「死にたい」は「生きたい」の裏返し〈その1〉

「死にたい」は「生きたい」の裏返し〈その2〉

↑  ↑
以上が動画になります。

「死にたい」は「生きたい」、そして『彼女が欲しい!』ということです。

そのため、お悩みの方には、ぜひとも彼女を作って欲しいと思います。

 

どんな理由で彼女ができないのか、にもよりますが、女性との出会いがないのなら、『彼氏が欲しい』女性が集まっているところへ行けばかなり効率的です。

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

 

『彼女できなくて、死にたいと思っている男性』は、いきなり彼女を作ろうとするのではなく、まずは趣味が合う女性を見つけてみるのがよいかもしれません。

彼女が欲しいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味の合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ