30代後半男性の婚活体験談~親しかった保険外交員のオバサンがキューピッドに!

30代後半男性の婚活体験談

 

30代後半になって現在の妻と結婚し、子宝にも恵まれ現在は幸せな結婚を送っている者です。

まず、どのようにして出会ったのかという点からお話しします。

別に私の職場には女性がいないとか、全く出会いの機会も無かったという状況ではなかったのです。

 

が、これは私の変な拘りだったかも知れませんが、どうも職場といった近い関係の女性と恋愛関係になって結婚することに何となく抵抗を憶えていたからです。

それで、今で言う街コンには結構出掛けて職場や取引先といった近い関係以外の女性との出会いを求めていましたが、なんとなくうまくゆかず、30代となり後半に突入したたという状況となりました。

ラッシュ口コミ~合コンのセッティングならココ!

 

そんな折でした。

昔から知り合いの生保の外交員の方から、紹介したい女性がいるということで、お見合いのような場を突然に、半ば強引にセッティングされたのです。

その外交員の方とは何年か越しのお付き合いで、私が保険を断っても断って決して諦めることなく、私への営業活動を何年にも亘って続けていた方だったのです。

それで、それほど年齢が離れていた訳ではありませんが、いつしかその方は、私にとってはなんでも話せる母親に近いような存在になっていました。

 

そして、紹介されたのはその外交員の顧客となったOLで、そのOLこそが現在の私の妻となった女性だった訳です。

一昔前は、こうした男女の縁結びを買って出てくれる世話焼きオバサンがいたと聞きますが、正にその保険外交員のオバサンは、私達夫婦の世話焼きオバサンとなってくれた訳です。

 

次に、出会ってから結婚までのプロセスを簡単にご説明します。

なぜ「簡単に」かというと、会ったその日に二人共盛り上がったというか、ウマが合ったというか、完全に意気投合してしまったのです。

そのため、紹介された後はかなりとんとん拍子で話が進んでしまったということもあります。

 

それで、出会ってからは毎日のように電話をかけ合い、仕事がオフの日は必ずデートをして、はや二月目にはプロポーズして結婚の約束を交わしました。

ただ、そのせいか唯一課題となったのが、二人が出会ってから結婚するまで早すぎるということで、家内の父親が結婚に少し難色を示したことはありました。が、もともとも家内には弱かった義父だったようで、家内に説得され、無事ゴールインを果たすことが出来ました。

 

最後に、私達のケースは決してそれほどレアケースだとは思っていません。

結婚を希望していながら、30代後半になってまだ結婚出来ていない状況なら、変な見栄は捨てて、出来るだけ多くの方へ結婚相手を探していることを伝えることも必要ではないかと思います。

それで必ず紹介が得られるとまでは断言しませんが、本当に思わぬところから出会いのチャンスや機会が到来する場合もありますので、そのような意味での参考にして頂ければと考えています。

 

関連⇒アラフォー女性(アパレル勤務)の婚活体験談~まず出会いがなければ何も始まらない!


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

社会人 彼女いない


サブコンテンツ

このページの先頭へ