近所のショットバーでの出会いがおすすめ~ただし、相手が出会い目的とは限らないので注意!

社会人になると思うのは「学生の頃と比べると圧倒的に出会いが少ない」ということです。

毎日同じ人と顔を合わせ、退社後はただ家に帰る。
この繰り返しのパターンにはまってしまいます。

 

そこで出会いを求めて恋活しようにもどうすればいいかわからない。
年齢が上がってくると合コンにも誘われなくなってきますし、だからと言ってお見合いパーティーや街コンなどの婚活もめんどくさいし申し込みなどの敷居が高い。(関連⇒出会いがないなら町コンがおすすめ

 

そんな私が彼女と出会ったのは近所の飲み屋でした。

飲み屋と言ってもキャバクラやスナック等のいわゆる水商売のお店ではなくショットバーになります。(※ショットバーとはグラス1杯単位で販売しているバーで、ボトルキープはしないのが通常。)

よくある地元の小さい店(居酒屋・バー)等は年代にもよりますが、常連になっている女性客は一定数います。

 

そこを狙って出会いの場として活用するのです。

 

これならば自分の行動範囲内(近所)で活動できるのでお手軽ですし、周囲からもガツガツして見られないで出会うことができます。

しかし、こういう所は基本的にナンパ行為はNGです。

いきなり女の子に声をかけるのではなくまずは店員さんと仲良くなりましょう

なぜなら、店員さんは常連客同士の会話をつなげて場を盛り上げたりすることもあるからです。
店員さんのフリで周りを巻き込んだ会話になることで、女の子と顔見知りになるのです。

 

そこが出会いのスタートラインです。

そして何度かみんなを巻き込むような会話を経験すると、常連さんの環の中に自然に溶け込むことができます。
意外と勘違いされがちなのですが、こういった常連の中は意外と排他的ではありません
仲間にいれてもらえたらもう自分も一員なのです。

 

そうやって出会えたら話題は豊富にあります。

盛り場のお店とは違い、こういう所のお客さんは近所からの人がとても多いです。
なので、近くにある飲食店の話題でしたりスーパーの話題でもローカルな話しで盛り上がれば簡単に仲良くなることができます。

この方法はちょっと難易度が高そうに思える方もいると思いますが、実際はそんなに難しい方法ではありません。

わざわざ遠くまで出会いを求めて時間とお金をかけるよりも、手軽で自然な出会いができます。

 

しかし、1つだけ注意点があります。
それは「自分は出会いを求めていても相手が出会い目的とは限らない」ということです。

皆で楽しく遊んでいる場にガツガツと入り込んでいったら出会うどころかマイナスになってしまいます。

あくまでも自然に出会い、仲良くなることを忘れずに行動すると沢山の女性と出会えますし、そこからの縁も広がるので彼女はすぐにできますよ。


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

社会人 彼女いない


サブコンテンツ

このページの先頭へ