美容師の彼女が欲しい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

美容師の彼女が欲しい

美容師の女性と付き合うには、どうすればいいの?(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

男性の中には美容師の子と付き合いたいという人も多いと思います。

美容師の子はオシャレな子が多いですし、かわいい子もたくさんいるので私も付き合いたいと思っていました。そして、つい最近になって本当に美容師の子と付き合いだしました。

私がどうやって美容師の子と付き合ったのかをお伝えしようと思います。

 

私には行きつけの美容院があるのですが、その美容院にとてもかわいい子が働いていました。

たまたまその子が担当としてカットしてくれる時などは接近するのでとても緊張しました。いつも笑顔で接してくれて、仕事ぶりも丁寧でしたから私の心はその子にいつの間にか奪われていったのです。

 

ただ、その子に気持ちをいきなり伝えても嫌がられるだけだろうと思いました。

そこで、普段は髪をカットするのは2か月に1度ほどでしたが、月に1回にして毎回その子を指名するようになりました。そして徐々に他愛もない話をするようになっていき、ちょっとづつプライベートの話も織り交ぜていきました

 

打ち解けてきたところで、会計の時にお店の人に気づかれないように、LINEのIDを渡して反応を見ました

すると、その日の夜に返信があったのです。

ここで「今度一緒に飲みに行きませんか?」と言ったらOKをもらったので、一緒に行ってさらに意気投合して付き合うことになったのです。

 
付き合うまで焦らずに美容院に通ったこと、そして連絡先はばれないように、ラインで気軽に連絡できるようにしたのが良かったと思います。

オシャレで可愛い彼女をゲットしました。

 

■その2

美容師の女の子は、基本的におしゃれに気を遣う女の子が多いです。

そのような女性から好意を持ってもらうためには、まずはあなた自身がおしゃれに気を遣った格好をしていなければなりません

 
女性は、ダサい格好をしている男性に対して、不潔感を持ってしまうものです。おしゃれに気を遣っている女性であれば、なおさら引いてしまいます。

 
服装選びとしては、清潔感があり、少し遊び心があるようなものが良いです。あまり派手にしすぎると、「遊び人なのかな」と思われてしまいます。

おしゃれに気を遣っていることを暗にアピールしなければならないのですが、あまり度を過ぎてしまわないように注意するということも大事なことです。

 

会話というのも重要です。

ただ、その内容も重要ではありますが、それ以上に話のタイミングというのが重要です。

相手が忙しそうにしている中で話かけてしまうと、煙たがられてしまう可能性があります。仕事が落ち着いたときに話をし、ある程度コミュニケーションが取れたら、連絡先を書いた紙などを渡して、きっかけを作るようにしてください。

 

■その3

まずは自分の事を知ってもらわないと何も始まらないので、最低でも月に1度は指名でお店に通うようにします。

 
最初のうちは恋愛の話などはせずに、世間話などである程度仲良くなる事を目標とします。

ある程度仲良くなってくると、自分の経験上ではほぼ100%の割合で相手のほうから、こちらの恋愛について尋ねてきます。この話題がくればチャンス到来で、会話を続けながらさりげなく相手の恋愛状況を探ります。
 

彼氏がいないようでしたら恋愛話を繰り返しながら、会話の流れで自然にデートに誘えるタイミングをうかがいます。あまり軽めに誘うと流されてしまう事のほうが多いので、誘う時はなるべく真剣に誘うほうが上手くいきやすいです。

 

仮に相手に彼氏がいたとしても、上手に会話を導いて彼氏の悩み相談に持ち込めれば、まだチャンスはあります。行く度に悩み相談にのり続けて、別れたタイミングでデートに誘うと成功率は高いです。

 

他の恋愛と同様に、あまりにしつこすぎても嫌われてしまいますので脈がないと感じた時は、しばらくの間1歩ひいてみるのも手です。

 

美容師の場合は、髪の毛をカットしてもらっている間は相手と2人で会話する事が出来ますので、そういう面では他の職業の女性よりも付き合うチャンスは多めだと思います。

気になる美容師の子がいた場合は、まずは指名をしてたくさんの会話をする事をおすすめします。

 

■その4

美容師と付き合うには客の目線から口説いてはいけません。

バンドメンバーが曲を聞きに来てくれるファンの方を一段下の存在として見るように、美容師の方は一段下とはいわずとも、客は客として見ています。この傾向は特に女性の方に強いようです。

 
カットされてる時に口説いても効果は薄いわけですね。口説き落とすために店に通うと疎まれて最悪嫌われることもあるので絶対やってはいけません。

 
美容師を落とそうと思ったら客ではなく、仕事仲間として接するのが一番です。

かといって美容師でもない人間はどうしたらいいのか、ハサミ、クシ、アイロンなど美容師が扱う道具はたくさんあります。その道具を提供する側に回ればよいのです。

 

美容院によっては道具をダースで取り寄せるところもあるので、そこの配達員になるなど、方法はいくらでもあります。または仕事仲間とまではいかなくともまずは客と美容師という関係を捨てることです。

客という相手からしたら扱いづらい立場から口説いても効果は薄いです。まずは客という立場を捨てることから始めましょう。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『女性美容師と実際に付き合えた方の体験談』(口コミ6件)

↓   ↓

■その1

自分は学生の頃(22才)、月1回の割合できまった美容院に行っていました。

そこで働く26才の美容師さんとつきあいました。

 

彼女は結構可愛く人気があったので、お客さんによく連絡先等を聞かれたりしていたそうです。僕は1年程通いながら毎回彼女を指名してカットしてもらいました。とにかく会話するときはシャンプーが旨いとかこの髪型最高、やさしい、可愛いなどほめてました。

 

僕には当時同級生の彼女がいましたので、その話も相談していました。そして同級生の彼女と別かれる事になりそれも報告し、美容師さんに君の事が好きになったので今の彼女と別かれたという手紙と一緒に連絡先を書いた手紙を渡しました。

ダメもと、というかもし連絡がこなかったら、もうこの美容院には行かないつもりで告白しました

 

その三日後くらいにメールが来て食事に行く事になり、それからは何回か会うようになり付き合うようになりました。

 

■その2

以前から気になる美容師がいましたが、何となく自分には無理かなと思ってしまっていました。積極的なアプローチに二の足を踏んでいたのです。

 

そもそもの出会いは、かなり以前にさかのぼります。

最寄り駅の前にできた美容室にふらりと立ち寄ったことがきっかけでした。一目でキレイな女性だと思い、足繫く店舗に通うようになりました。むろん、カットをするために来店しますが、意中の彼女がいない時には、決して立ち寄らないという徹底ぶりでした

 

私は、その後も、ひと月に一度は最低でも美容師のもとを訪れ、チャンスを狙っていました。

そんな努力の甲斐もあり、美容師との恋愛が成就することになったのです。仕事帰りの彼女に偶然を装い、食事に誘ったのがきっかけでした。その後はとんとん拍子で進み、愛を育むことになりました。

 

■その3

初めての出会いはminimoでした。minimoとは、カットモデルをマッチングさせるアプリのことです。

 

安く髪の毛を切りたかったので、minimoに登録し、1000円で練習台になりました。カットの練習だけでなく、カラーの練習に付き合ったり、何度かモデルをさせてもらいました

カラーは特に待ち時間があるので、たくさんプライベートな話もして、徐々に仲が深まっていきました。

 

練習は閉店後にやることが多いので、二人きりの日もありました。夜も遅いのでそのまま飲みに行っているうちに親密になり、付き合うことができました!

お客さんで通っていたら、きっと距離をおかれていたと思います。カットモデルは仲良くなるにはすごくいいと思います。異性だけでなく同性でもモデルを通して仲良くなった人は何人かいます。

 

■その4

私は高校生の時から吉祥寺の美容院で髪を切ってもらっていたのですが、その担当の人が独立をして吉祥寺に自分の店を持ちました。

私はその人に髪を切ってもらうと自分のイメージに最も近い感じだったので、もちろんその人の店の常連となりました。

 

その人はスタッフとして九州出身の女性と2人で店を切り盛りしていたのですが、そのスタッフの女性と話をしてみると意外と気が合い、よく見ると顔も美人さんですしいつしか私たちはいい感じになっていました。

店長さんが席をはずしたスキをついて小声で「今度、2人で会おうよっ!」と言ったのですが、もちろん彼女の返事はOKでした。

 

2人で会い、食事と軽くお酒を飲んで、私が「キミが好きだっ!、オレと付き合ってくれないかっ!」と告白したところ、彼女の答えはだいたい予想がついたのですが、OKで私達は晴れて恋人同士となりました。

 

■その5

僕が前行っていた美容室はヘアカット、パーマ、カラーなど髪のこと以外にも色々スキンケア商品を発売したり、服やアクセサリーなどのフリーマーケットをやったり手広くやっているところでした。

そして美容室が主催のパーティーなども近場の広いカフェ&バーなどで開催されていました。

 

僕も美容室の客としてよく誘われたりしていたのですが、断っていました。しかしライブハウスで開催されるサマーパーティーに誘われ、楽しそうなので友達と参加しました。

僕は知らなかったのですが有名なDJさん、アーティストの人も来てとても盛り上がっていました。ファッション関係の人もいましたがやはり美容師さんが多かったです。

 

そこで出会った美容師さんと、美容室の話や最近はやりのヘアカラーの話などで盛り上がり、メールアドレスを交換して結局付き合うことができました。僕の行っている美容室の系列の美容室の美容師さんでした。

 

■その6

私は高校卒業し、関東の大学に進学し、就職しました。就職した会社は天然水の飛び込み営業の会社でした。

 

その日も任されたエリアのお宅・マンションを一軒ずつ訪問し、「天然水の無料サンプルをお配りしていますのでどうですか?」とインターホンごしにセールスをしていました。大抵の場合、門前払いなのです。

しかし、そのマンションの住人は「ありがとうございます。いまドアを開けます」と出てきました。私は驚きのあまり声が出ませんでした。

 

中学の時のクラスメイトの女性にそっくりの女性が出てきたからです。

「まさか・・・○○さん・・!?」私がそう声をかけると、「やっぱり△△君だ!インターホンのカメラで見たとき顔が似てると思ったんだ!」とその女性も答えました。

 

そこからセールスを忘れ、昔話や現在の生活について話をしました。

女性は高校を卒業後、東京の美容専門学校に進学し、美容師をしているとのことでした。別れ際、連絡先を交換し、一緒に会う約束をしました。

その後、お互い何度かデートを重ねお付き合いすることになりました。想いを告げた場所は二人の思い出の地、中学校でした。今もこの偶然に感謝せずにはいられません。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

美容師の女性は綺麗な方が多いので『出会いたい、付き合いたい!』という方も多いようです。

行きつけの美容室で良い出会いがあればよいのですが、なかなか好みの美容師に出会えない方もいるかもしれません。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。
恋活サイトは、職業、外見、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

美容師の女性と出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、職業、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に職業、外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

たとえば、美容師系のコミュニティでは

・美容師あつまれ

・美容師&理容師さんの部屋

・美容師、美容学生仲良くなろう♪

・元美容師

などのコミュニティが存在します。

 

当たり前ですが、登録している方たちは『美容師で出会いがない方、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

空いた時間にPCやスマホで利用できるのも魅力的です。

利用してみるとかなり面白いので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ