オタクでも出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

オタク  出会いたい01

オタクだから彼女が出来ない、彼氏が出来ない・・、とお悩みの方もいるかもしれません。本当にオタクだと恋人ができないのでしょうか?

今回は、オタクが良い出会いを見つけて、恋人を作る方法、コツについて探っていきたいと思います。実はオタクでも、いやオタクだからこそしかできない出会い(マニアックな出会い)もあるのです。

『オタクでも彼女欲しいけど、付き合うならどんなオタクはOK?逆にNGは?』(口コミ5件)

↓  ↓

■その1

いわゆるオタクという人たちは、趣味を徹底的に極めているといういわばプロフェッショナルともいえる人たちなので、尊敬こそすれ差別はしようとは思いません

 
ですが、行き過ぎた発言や行動をするような人はちょっとナシかなーと思ってしまいます

 
例えば、自分の好きなものはとことん上げて話すのにその他のものはとことん下げる、みたいな感じで、あのアイドルは好きだけどあっちのアイドルのどこがいいかわからないしあっちを好きな人たちはどうかしている、という具合です。

知識をひけらかしたり、自分の興味のないものには無関心というような人もなしですね。

行動の方は、例えば電車の写真が撮るのに邪魔だからと木を切ってしまったり、一般のお客さんを押しのけ罵声を浴びせたりなど、まわりに目が行かなくなってしまうような人のことです。

 
■その2

私目線で言わせてもらえば、何かに熱中したり、好きでのめりこんだりすることには全く問題はないのですが、自分の身なりや髪型に全く気を使わなかったり、ファンションにもこだわらず清潔感のないオタクは絶対に『なし』ですね。

 
もうひとつ、どんなに自分が好きだと思っていても、それに全く興味のない人に対していつまでもその話題を言い続けているオタクも『なし』です。空気読んで欲しい。

 
『あり』なオタクはその逆、要するに自分の見た目や立ち振る舞いにも気を使いその場の空気を読みながら、自分の好きなものには熱中できる人、と言ったところでしょう。

そういう人ならオタクであってもなくても、『あり』な人といえます。

 
■その3

「オタク」って・・・そんなに悪いものではないと思うんですよね。

 
ひとつのことに一生懸命になれるってことですし。マンガもアニメも面白いものが多いから、ハマる気持ちもわかるような気がします。

が、しかし、オタクと言っても一括りにできるわけではなく、許せるオタクと許せないオタクがいます。

 
まず許せないオタクについて。

人の話を聞かない。自分の話したいアニメやマンガの話ばかりしている。
主に幼女系、ロリ系が好き。女の子は清純・従順だと思っている。

不潔。見た目が怪しい。家からなかなか出ない、そして太っている。女の人と話せない人

 

許せるオタクについては、身なりに清潔感が感じられる。
いろいろなジャンルのアニメやマンガが好き(主に少年漫画系)。
普通のテレビ等の話や雑談ができること。普通体型。あと、普通に女の人とも話ができること。

 
・・・これくらいでしょうか。

見た目がオタクオタクしていると、女の子としては近寄りがたいというか。恋愛とかには発展しにくい気がします。
見た目の清潔感は特に大事!ですね。

あと、着ているものはユニクロとかでも全然OKなんです。よれよれだったりしなければ。

オタクの方にありがちなウエストポーチはイマイチウケはよくないかもしれません。
ファッション誌を見て勉強したり、街行く男の人のファッションを観察すれば、いろいろ見えてくるものがあると思います。

 
■その4

基本的にオタクは嫌だなと思いますが、ミニカーを集めているような車好きのオタクなどはありです。

 
人前でも平気で漫画を読んでいるようなオタクはなしです。オタクの人というのは、姿勢が悪いイメージがあります。姿勢が良いオタクはその点で可能性があると言えます。

フィギュアを集めているオタクの人も、集めるものによって好きになれるかどうかが決まると思います。お人形さんのようなフィギュアを集めて、部屋に所せましと集めているのを見るとこれはなしだな、と思います。

オタクというと内向的なイメージがあるので、もっと外に向かって何かをしているオタクなら、これはアリです。
AKB48にハマっているくらいだったら妥協できる範囲だと思います。

 
■その5

世の中には中身や程度に関わらずオタクが嫌だという女性もいますが、私はオタクそのものは抵抗ありません

ですので、こんなオタクはありというのは特に無いかもしれません。

 
ただ、こんなオタクはなしというのは結構あるかもしれません。自分の好きなジャンルについて饒舌になるのは構わないのですが、唾を飛ばしまくりながら話したする人は無理ですね。

たまに飛んでしまうのは仕方のないことですが、飛ばしまくるのはあり得ません。
あと、自分の好きなジャンルにお金を使うのは悪いことではありませんが、それで普通の生活が苦しくなるのは無理ですね

一番嫌なのは、胸やお尻が不自然に大きい女の子しか出てこないようなものしか興味がない場合です。
幅広く好きなジャンルのうちの1つならまだしも、こういうのが100%というのは、申し訳ありませんが人格を疑ってしまいます。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

オタクでも、身なりを清潔にして、しゃべり方にを気を付け、気づかいなどができれば問題なく恋人ができるといえるでしょう。

問題はどうやって出会うのか?ということでしょう。以下の口コミでオタク同士の出会いについて聞いてみました。
 

オタク同士 出会い

『オタク同士の出会いってどこで出会った?体験談』(口コミ6件)

↓   ↓

■その1

ゲームオタク女子です。

ゲームをする男性は結構たくさんいますが、ゲームオタクとまでいくとなかなかいないもので。

自分よりゲームの知識が無い人に魅力を感じられなかったので、なかなか出会いはありませんでしたがいつか出会えたらいいなと思って過ごしていました。

 

ツイッターを始めると、同じような趣味の人が世の中にはたくさんいるのだなぁと嬉しくなりました

ゲームオタクの方々をフォローしてネット上で楽しく過ごしていたところ、ある日オフ会の誘いをいただきゲーム仲間とお話してみたいなと思い参加することにしました。

前から気になっていたツイッター上で仲良くしていたゲームオタクの男性も参加していて、実際に会ってみると話も合うしお互い好意を持っていることが分かり、おつきあいすることになりました。

 

■その2

リゾートバイドで出会いました。

職場の社員もバイトもなぜか何かしらのオタクという、ちょっと変わった環境です。こんなにたくさんのオタクに囲まれたのは生まれて初めて、というくらいです。

彼は日常系アニメが大好き。私は90年代のアニメや女性向け恋愛ゲームが好きです。

 

最初はオタク同士でもジャンルが合わずあまり仲良くなかったですが、娯楽の少ない環境でアニメなどの情報交換をするうちに仲良くなりました。例えば、昔私が見ていたアニメのヒロイン役だった声優さんが、今はお母さん役で活躍しているという話で結構盛り上がりました。

今では私も日常系アニメを見ますし、彼は私のときめきメモリアルをプレイしています。一緒に新作アニメを見たりと、仲良くしています。

 

■その3

私は恐竜の化石が大好きで、百科事典や写真集、フィギュアなどたくさん持っています。

恐竜博が開催されれば全国どこでも訪れます。かなりの恐竜好きなのですが、彼氏もやっぱり恐竜好きな人が良いなと思っていました。

普通に暮らしていたら出会える可能性は低いですが、恐竜博などの博覧会へ行けば出会いのチャンスは広がります

 

私の場合は、恐竜博の中に休憩所があり、そこで一息ついていました。その時店内が少し混雑していて、一人の男性に相席しても良いか頼まれたのが出会いのきっかけでした。

『恐竜好きなんですか?』から始まり、話していると意気投合してその後は一緒に見て回ったような感じです。その後、連絡先を交換して付き合うことになりました。

オタク同士で出会いたいなら、やはりその場へ出掛けてみることが一番の近道だと思います。

 

■その4

オタクというとひと昔前まではあまり公言するのもはばかられるような存在でしたが、今は学校や職場でも比較的受け入れられていると思います。

そのため、自分の所属する場所で自分の趣味の話をして、それに合う人と出会うというのが一番の理想ではありますが、問題は趣味の合う人はなかなかいないというのが現状です。

 

そこでやはりSNSなどの方が有利です。

SNSというと最近はリアルな人間関係とリンクするものが主流になっていますが、できればリアルな関係とは別の関係を作ることです。出会いを目的としていることをリアルな世界では知られない方が活動しやすいからです。それに余計な詮索もされることはありません。

私も専用のfacebookのアカウントを作り、そこで繋がって出会い、お付き合いすることができました。

 

■その5

私はゲームオタクで、休みの日は朝から晩までゲーム三昧の日々を送っています。

そんな根暗な私に出会いはなく、彼女いない歴をどんどん更新していく毎日でした。しかし、ある時、友人と東京ゲームショーに出掛けた時、思わぬ出会いがありました

私はあるゲームが好きでそのブースに入り浸りの状態でした。

 

すると1人の女性もずっとそのコーナーにいる事に気付き、よく見てみると鞄やアクセサリーなども、私の好きなゲームのキャラクターばかりでした。

女の人に声を掛けた経験は無かったのですが、イベントのノリで心が大きくなっており、友達を増やそうという感覚で声を掛けました。普通だったら女性も不信感を抱くはずなのに、彼女の方もゲームで盛り上がっていたようで意気投合。

その後、友達からの付き合いが始まり、やがて交際にまで発展する事に成功しました。

 

■その6

私はアイドルオタクなのですが、イベントで出会った同趣味の女性と付き合ったことがあります。もちろんその際2人は初対面でした。

出会ったイベントは、好きなアイドルグループのライブ会場です。

 

特にアイドルグループのライブでは、会場の外で、アイドル関連グッズの個人売買やトレードが盛んに行われております。中にはフリーマーケットのように自らの所持グッズを陳列し販売する人もいます。

そんな中、私の出会った女性は「◯◯グッズ探しています。」というプラカードを持ってベンチに座っていました。そこで当該グッズを持っていた私は、そのグッズを譲渡することをきっかけに、仲良くなり付き合うまでに至りました。

やはりアイドルオタクの社交場はライブ会場かと思います。少し勇気があれば出会えます。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

オタクだと普段の生活では、なかなか自分と同じ趣味の異姓に出会えない方もいるかもしれません。

しかも、難しいのは自分と同じ趣味を持つ好みの異姓で、かつ、恋人が欲しい異性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

かなりマニアックな趣味の方とも出会えるので、恋活サイトはオタクにうってつけの方法といえるでしょう。

オタク同士の出会いなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのも魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に理想の男性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

当たり前ですが、登録している方たちは『自分と同じ趣味を持つ異性、かつ、恋人がほしい方たち』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

しかも、ゲーム好きは、PC・スマホとの親和性も高いのでかなり多くの方が登録している感じがします。

使ってみると便利で楽しいです。ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ