田舎での彼女の作り方を教えて!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

田舎 彼女の作り方

『田舎・地方で彼女を作る方法・出会うコツは?アンケートして聞いてみた!』(口コミ5件)

↓  ↓

■その1

私は十数年、田舎(石川県)暮らしをしておりましたが、あまり彼女に困ったことはありませんでした。
彼女を作るための手段としてはいくつかあるので、ご紹介させていただきます。

 

まず1つ目は友人からの紹介です。

どこの地域にでもある手法かとは思いますが、こと田舎に関しては少し意味合いが違ってきます。なにせ田舎独特の狭いコミュニティで暮らしてきたものですから、たとえ紹介であってもなにかしら濃い共通点が多いかと思われます。

例えば○○高校でバレー部に所属しており、紹介された女の子の高校によく遠征に行っていただとか、自分の幼馴染であるA子が実は紹介された女の子と大親友であったりだとかがよくあります。

 

次にショッピングモールでのナンパです。

田舎には遊ぶ場所が中心部にしかありません。車を持たない層や、わざわざ交通費と時間をかけるのが惜しい人たちは皆大型ショッピングモールに行きます。

なんせ大型なものですから店内を1周すればどっと疲れ、フードコートやマクドナルドのソファにもたれかかっている人が溢れています。車を持っていればの話ですが、「車で町に遊びに行こうよ」などと声をかければ、割と相手にしてくれる女性は多かったです。

 

最後に習い事をすることです。

学校や大学というのは否が応でも若い男女が集まり、積極的にいきさえすれば彼女を作ることなど朝飯前です。しかし社会人になり、社員の少ない、もしくは男性だけの職場になるとそうもいきません。

 

なので自分から女性の多いコミュニティに顔を出します

私の場合は料理教室とバレーボールサークルをやっていました。活動内で誰に話しかけるのも不自然ではありませんし、出席のたびに仲は深まっていきます。

ただしスポーツサークルの場合は週4で練習!というガチンコのサークルは避けたほうがいいです。自分の技量が高ければあちらから声がかかることもあるでしょうが、逆の場合、サークルに居づらくなり彼女どころではなくなってしまいます。

なのでできるだけ和やかなサークルかつ、女性の多いグループが見つかるまで根気よく探しましょう。

 

以上、思いつく限り3つの方法をあげさせていただきました。

 

■その2

私が昔大学生の頃に住んでいた場所は岡山の結構な田舎の地域だったのですが、大学はあったので、彼女は同じ大学の女の子でした。

やはり、田舎で彼女を作る為には、友人や知り合いからの紹介が有効なのではないかと思います。実際にその時の友達や、知り合いはほとんど同じ大学の女の子もしくは、紹介によって彼女を作っていました

 

田舎だけあって地域での偶然の出会いや遊び場での出会いというのも都会に比べると、圧倒的に確率が低いのは間違いないと思います。

なので、使えるツテは使えじゃないですけど、積極的に今、自分が彼女を探していて、どんな女の子を探しているという情報を自分の周りの伝えておくと良いと思います。

 

あとは、田舎といえども、そのなかで一番人が集まる所に良く顔を出して、いろんな人とお友達になっておくと、すぐにではなくてもそのうち何かしらの良い話がくるかもしれないと思います。

実際に友達の一人はそういう『友達の友達の女の子』と付き合うことになった人もいます。なんにせよ積極性が一番大事なのではと思います。

 

■その3

私が地方で彼女を作るときにオススメしているのは美容院での紹介を活用する方法です。

若い男女共に髪の毛は必ず切ります、しかもできる限り身近にあるお店を利用しますよね。

田舎で恋人を見つけるのにネックなのは、せっかく出会っても家が遠くてお互いその気になれないということです。そこを美容院という接点を利用して、身近な存在だけに絞り込むのです。

 

もちろん実際に出会うまでには美容師の協力が不可欠です。

何度か通って人間的に信頼できると思われなければ紹介なんてしてもらえません。雑談を通して魅力ある人間だが、どうも困っているということを理解してもらいます。

ある程度慣れてきたときに『どうしてもこの地域で恋人を見つけられなくて困っている』と言えば、客の中で同じく恋人探しに困っていそうな人を紹介してもらえる可能性が出てきます。

 

ポイントは気長に待つことです。

必ずしもすぐに候補者が出るわけでもないですし、遊びかどうか見極めるために美容師がすぐに飛びつかないかもしれません。じっくりと、でも真剣に待つ姿勢が大事ですよ。

 

■その4

都会と田舎を比較すると、競争率という意味では田舎の方が彼女は作りやすい傾向にあると思います。

都会にいる可愛い女の子は、すぐ男性に狙われてしまいますから中々自分の彼女になってくれないですし、交際する事自体に慣れていますから既に彼氏がいる事も珍しくないです。

 

しかし、田舎では話が違ってきます。

競争率が低いですから割と簡単に彼女を作れるのです。交際の噂が広まるのが嫌だという理由で1歩を踏み出せないでいる人が男女問わず沢山います

だからこそ、少し勇気を出せば彼女になってくれる女性を探し出す事も難しくありません。

 

職場なら一緒に食事に誘うのが良いですし、特にその様な関係がない女性、例えば店員さん等が対象なら手紙を書いて渡すのが良いと思います。『手紙を書いて渡して効果があるの?』という意見もあるでしょうが、恋愛とは所詮確率に過ぎないのです。

99%に変な人と思われても残りの1%にさえ好きになってもらえば良いのです。恥ずかしいと思う前に、まずは行動する事が大切です。

 

■その5

山奥でほとんど人の行き来のないという田舎でもない限りは、積極的に行動すれば案外簡単に彼女を作ることができるものです。

大切なのは、とにかく自分からアクションを起こすことですよ。

 

田舎に住んでいる女性というのは、本質的には街中に住んでいる女性と何ら変わりはなく、基本的にオープンなので友達付き合いまでは簡単に行けるのですが、ただ恋愛方面に対して少しシャイなところがあります。

好意を持っていても、なかなかそれをはっきりとした言葉で表すことのできない、照れ屋な女性が多い傾向があります。

 

そんな相手を前にして自分までもじもじとしていては、いつになっても距離を縮めることができません。自分から好きだと伝えて、相手の気持ちを問う。田舎で女性と付き合うには、常にそうして攻めの体勢でいることが大事です。

 

思いを伝える前から、手をつなぐ以上のことをするとひかれてしまうので注意です。ちゃんと段階を踏んで、清いお付き合いをして、シャイな女性の心を解きほぐしてあげてください。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

田舎
Photo by Bong Grit

『田舎住まいで異姓と実際に出会えた方の体験談』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

私(女性)は、車がないと生活できないような田舎に住んでいます。

職場もおじさんばかりで小規模の会社だし、地元の職場なので田舎から出る事もなく出会いがなく本当に困っていました。友達に飲み会などを企画してもらっても、自分には合わないのかうまくいきませんでした

 

そんな中、田舎に似つかわしくない、オシャレカフェがオープンしました

地元ではカフェというより喫茶店がほとんどで、モーニング文化が根付いている地域柄、質より量を求める人が多いです。そのような環境の中、メニュは味にこだわったコーヒーのみ、JAZZがBGMの静かなお店です。

 

私はとても気に入り、頻繁に通うようになりました。お客さんはほとんどなくいつも貸切状態なので、カフェのマスターとおしゃべりを楽しむようになり、そのうちお付き合いをする仲になりました

 

■その2

私(女性)は社会人4年目の配属で、田舎の営業所になり、通勤が大変になったため都内のマンションから、田舎のマンションに引っ越しをしました。

 

当時彼氏はいなくて、田舎住まいになると出会いもないと新しい出会いは諦めていました。

土日の休みに、なにもすることがなかくて暇だったので、掲示板で部員を募集していた地域の社会人バレーボール部に入ることにしました。そのバレーボール部は、女性と男性が同じ時間にプレーをしていたので、自然と皆が仲良くなりました

 

バレーボールの終わった後に、皆で飲みにいったりし、一番顔が好みだった男性と連絡先を交換できました。それから、何度が2人でデートをしましたが、結局付き合うまでには至りませんでした。

 

■その3

社会人(男性)になってから地方へ転勤となり、田舎住まいが数年続きました。赴任先は、山の麓にありましたが駅周辺まで行くと、少し栄えた街があり良く行っていました。

 

居酒屋などで飲んでいて、一番感じたのが田舎の女性の方が親しみ易いという点でした。店員さんやお客など、席が隣というだけで話をする機会があって、出会いの場には困りませんでした。

しかし、恋愛に発展する出会いとなると中々難しい部分があり、しばらく彼女がいない時期がありました。田舎住まいになって最初に彼女が出来たのは、居酒屋で良く会う5歳年下の女性でした。

 

何回も同じ店で会う内に、顔見知りになりお互いの壁が低くなっていたので、恋愛に発展するのに期間はかかりませんでした。

その後も、出会いは居酒屋か小さな飲み屋がほとんどで、田舎住まいの場合には婚活サイトなどの利用よりお店などの方が出会えるという印象があります。

 

■その4

私(男性)は、友達と二人で街コンに参加して彼女を作りました。

街コンは複数の店をスタッフの指示を受けて、順々に回っていく感じです。男女共に二人一組での参加が義務です。だいたい平均して五、六組の女性グループと会話ができます。ラインの交換は人並みに会話ができる人なら、ほぼ話した人全員と交換することが可能です。

 

ただし、街コンが終わった後にいきなりデートに誘うと断られることが多いです。

だから、私は三対三の合コンに街コンで知り合った女性を誘いました。そこで街コンではできなかったような恋愛話とかの濃い内容の会話をして、さらに仲良くなりました

 

その後、デートに誘います。最初は食事デートなどの軽めのデートにして、徐々に長時間デートに切り替えていきます。四回目くらいのデートで交際を申し込み、相手からOKをもらいました。

 

街コンで知り合った女性といきなりデートするのはかなり難しいです。街コンで失敗が多い人は、まずは合コンに誘うことから始めてみるのはどうでしょうか。

 

■その5

田舎は人の固定化がされていて、そこでこそネットを使った出会いが有効とも考えられますが、それにはコツが必要だと思います。

 

それは、自分の地域以外にも広げて探してみるということです。地域別で登録するようなサイトの場合は自分の地域でしか探さない方も多いのではないでしょうか。

しかし、一旦そこは忘れて隣接する地域はすべてフォローする、そしていざとなったらその場所まで行くぐらいの姿勢を見せるぐらいは必要です。

 
田舎に住んでいるとついつい近くの人しか視野に入らなくなってしまいますが、例えば関東圏の人はすべて東京に集まることを考えると、田舎でも同じぐらいの範囲で探すことは不思議ではありません

 

私もこの方法で、何度か良い出会いをすることができました。田舎は人が少ないために、それぐらいの努力は必要なわけです。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

田舎に住んでいて、普段の生活ではなかなか好みの異性に出会えないという方も多いではずです。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。
恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

今回のケースですと、自分の住んでいる地域から相手を探し、かつ、趣味などが合う相手を探すと恋愛に発展する可能性が高くなります

田舎で真面目な出会いがほしいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味が合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ