彼女いない歴=年齢の社会人男性は、どうすれば彼女が出来る?~口コミはこちら

彼女いない歴=年齢の社会人男性

『彼女いない歴=年齢の社会人男性は、どうすれば彼女が出来る?出会いは?』(口コミ9件)

↓   ↓

■その1

性格と容姿に余程問題が無い限りは彼女ができないという事は無いので安心して下さい。

ただ、自分から声を掛ける事は意識して行わないといけません。

 

女性から、『一緒に食事でも行きませんか?』、と声を掛けられるのを待っていたい気持ちは分かりますが、その様な女性側からの動きに期待しない方が良いです

 

女性の立場になってみれば、それは分かるはずです。もし私から誘って断られたら…そう考えると行動できないのです。

 

そこで男性であるアナタから積極的に誘うようにしましょう。

そして重要なのが、断られても良いんだと思って行動するという事です。つらくても七転び八起きの精神で頑張りましょう。『自分から』それさえ意識すれば彼女ができるのは時間の問題です。

 

■その2

私の経験談に基づいて彼女をどうやって作るか書きたいと思います。

 

まず、彼女ができない理由に、そもそも女性に対しアプローチしていないことが多いのではないかと思います。

では、どうやってアプローチしていくかについてですが、基本的に女性というのは、自分のわがままを聞いてくれる人に好意を抱きます。

 

ですが、わがままを言ってくれるだけの信頼関係を結ばなくてはなりません。その方法として、いくつか心理学的アプローチを試みるとよいのではないかと思います。

 

まず、第一に「単純接触効果」。

これは、人間だれしも、初見の人には警戒心を抱くものですが、単純に接見回数を増やすだけで、無意識に警戒心を下げる効果として期待できます。

なかなか会う機会がない場合は、メールや電話をなるべくこまめにすることが重要だと思います。

 

ただこれだけでは、恋愛感情が生まれにくい場合には、「吊り橋効果」を利用するとよいと思います。

よく言われることですが、心拍数が上がるにつれ、それを恋のドキドキと勘違いする効果が期待できます。

遊園地のジェットコースタやホラー映画、スポーツ観戦などがおすすめです。他に、お酒を飲みに行ったり、バラエティ番組を一緒に見るのも効果が期待できます。

 

 

最後に「認知的不協和理論」というテクニックを使います。

これは、告白した後などに、例えばフラれたとします。普通は、ここでなんとかすがり付こうとしますが、その気持ちを押させて「そっか、わかったよ。」などそっけないフリをします。

 

すると、相手は、「私の事、好きじゃなかったの?」のような動揺を誘います。たとえフラれたとしても、告白された事でだんだん気になるものです。

気になりだしたら、逆に抑えることが難しいものです。

ここまでくれば、女性の方かアプローチしてくる可能性が高いです。

 

■その3

彼女いない歴=年齢の男性は世の中に数多くいると思いますが、その“内面”にフォーカスすると、大きく分けて2つのパターンに分けられると思います。

 

1つ目が、『異性と接する機会があまり無かったため、どう対応していいか分からない』というネガティブタイプです。

このようなタイプの人が彼女を作るには、とにかく女性と接することに慣れることです。

 

男子校出身だったりして女子と接する事自体に恐怖を感じる人もいるかもしれませんが、習うより慣れろです。とにかく女性と接する機会をもつよう、合コンなどに積極的に参加しましょう。

 

2つ目が『ガツガツしすぎて周りにひかれてしまう』アグレッシブタイプです。

こちらは絶対にデートに誘う、絶対に彼女を作る、と気負いすぎていて、そのオーラが溢れだしており失敗します。

 

このタイプの人は、(内面ではどう思っていても)爽やかさ・清潔感を心がけるようにしましょう。

飲みの席でも自分からはグイグイいかず、まわりのみんなに料理を取り分けたり、飲めない人にお冷を頼んだりといった行動を取り、“余裕”を装うのが効果的です。

 

■その4

これまでずっと彼女がいなかったという男性が彼女を作るためにはどうすれば良いでしょうか。

 

まずは女性と多く知り合うことが大切です。

これはなにも多くの女性と恋愛関係になるという意味ではありません。彼女がいない暦がずっと続くと、女性と接すること自体苦手だと感じる人が大勢います。

 

そうなると、当たり前ですが恋愛関係になるのはもっと難しく感じてしまいます。

そうした自体を避けるために、意識的に女性と知り合ったり、話ができる場に出るようにしましょう。

 

例えば、自分の人間関係が仕事ばかりだという人は趣味を見つけることは大切です。そして、同じような趣味を持つグループの活動に参加すると、人間関係に幅ができ、女性とも接する機会が増えます。

 

これはハンサムな人、そうでない人にも言えるのですが、彼女が欲しいのなら待っているだけではいけません。自分から積極的になる必要があります。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

■その5

彼女がずっとできない=もてない、ということに必ずしもなるわけではありません。

たまたま、女性とのコミュニケーションがすこし苦手なのか、もしくは自分のフィールド、または趣味の範疇で女性とコミュニケーションをとるきかいがなかっただけかもしれません。

 

ようするに自分自身のフィールドであれば、女性ともうまくコミュニケーションをとってお付き合いができる可能性はあるわけです。

 

問題は自分自身でそうした機会をつくろうとするかどうかです。

 

今はインターネットや雑誌などで同じ趣味を持った人間同士が集まるような会はいくらでも見つけられます。自分自身でそうした会を見つけ出し、積極的に何度か参加すれば苦手だった女性とコミュニケーションも円滑になっていくことは間違いありません。

こうして慣れていけば彼女もきっとできるはずです。

 

■その6

彼女いない歴=年齢の男性が、初めて彼女を作る場合のポイントを私自身の経験から2つほど挙げておきます。

 

一人の女性に固執しない

出会いの形態にこだわらない

 

まず一つ目ですが、とにかく女性を好きになってアタックしても相手がこちらへ興味を示さないことがよくあります
その場合、その相手がどれだけ魅力的な女性だったとしても固執しないようにしましょう。

 

固執することはすなわち自分の心が新しい出会いを自分で遠ざけていることと同じです。世の中にはたくさんの女性がいます。

一人に絞らずにチャンスを探し続けましょう。

 

次に二つ目ですが、出会いの形態は様々です。

社内は都合が悪いだとか、出会い系はかっこ悪いだとか、Facebookはみんなに筒抜けだからいやだとか、そんなこと言ってたらいつまでたっても彼女なんてできませんよ。

 

最初の出会いは何だっていいんです

出会うこと自体が運命なので、出会いの形にこだわらずいろんな方法を考え、実践していきましょう。

 

■その7

まず、重要なことは積極的に人と出会う機会を作ることです。

彼女いない歴=年齢というような人は、他人と接することを拒んだりしている傾向があります。彼女が欲しいと思うのであれば、自ら率先して人と出会う機会を作りましょう。

 

次に趣味を持ちましょう。

趣味は何でも良いですが、出来れば男女共通の趣味が良いですね。共通の趣味を持つ人とSNSなどを通して交流を持つことです。趣味を通してSNSで知り合った人達はオフ会などを定期的に行います。

そこで女性との出会いを探すと良いと思います。同じ趣味を持っている女性であれば、会話も弾み打ち解けやすくなります。

 

最初は仲間どうしで会う機会を持てば良いのですが、チャンスを見て二人だけでLINEで会話をする機会を作ったり、次に1対1で会う機会を設けて下さい。2~3回ほど、二人きりで会うことが出来れば大いに脈はあります。3回目のデートでくらいで愛の告白をしても良いでしょう。

 

■その8

彼女を作るためには自分の魅力を磨くことが大切です。

自分磨き怠ってはいないですか?

休日には部屋でごろごろしてテレビを見ながらお菓子を食べて一日終了こんな生活を送っていませんか?

 

たまにはそんな休日もありだとは思いますが、常に自分の魅力を磨くよう心がけることが大切です。休日だからといって休むのではなく、他の人が休んでいるときにこそ筋トレをしましょう、洋服を買いに町へ出かけましょう、読書をして知識を養いましょう。

 

もてる人になるにはとにかくアクティブに行動すべきです。

そしてその行動量に比例してあなたの魅力はどんどん高まっていくはずです。女性は行動力のない男には惹かれないです。世界を動かすくらいの意思をもち行動を起こしましょう。

もちろんそれが間違った方向に向かってはいけませんが。女性を巻き込んでしまうくらい大きい男になれば彼女なんてすぐにできますよ。行動をしていきましょう!

 

■その9

積極的に女性の多くいるサークルなり会に入ることをお勧めします。

 

町の公民館等でいろいろ教室が開催されいて、スポーツ関連やヨガ、あるいは絵画や書道といったカルチャー関係の教室には女性、それも勤めをもっている独身女性もかなりいると思います。

そういうところに所属すれば、女性と巡り合う機会も増えます。

そのような教室では受講後カフェ等でお茶をのみながら反省会が開かれるのが定番ですので、必ず顔を出すようにして、女性たちからも覚えられるように努力すればいいと思います。

 

独身女性がいたら、なるべくその方のそばに席をとり、言葉をかけるようにして下さい。相手に脈があれば、あなたとの会話ははずむはずです。

仮に脈がなくても、時間をかけて親しくなるようにもっていけばいいので、いけないのは、あっさりギブアップしてしまうことです。相手にされなかったら、相手にされるような方向にもっていくべきです。

ただし、あまりしつこいのは嫌われますので、そこのところはご注意ください。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

彼女いない歴=年齢の社会人男性は、なかなか行動に移せない方も多いと思います。

しかも、自分の好みの女性がいても、彼氏がいることも多いので断られることも多いでしょう。そのため、心がすぐに折れてしまう可能性も高いです。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、外見、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

彼女いない歴=年齢で出会いが欲しいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味の合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ