年下彼氏が欲しい!年下彼氏を作る方法は?~口コミはこちら

年下彼氏が欲しい

『年下の彼氏が欲しい!年下彼氏を作る方法は?』(口コミ5件)

↓  ↓

■その1

私は33歳で9歳年下の彼氏と3年付き合っています。

出会いは同じバンドのファンの繋がりとして出会いました

 

まず出会い方なんですが、とにかく若い人が集まるイベントやお店などにに足を運び続けることです。年齢関係なく交流を持つと、それが縁でどんどん出会いを呼び込むことができるかも知れません。

ネットで恋活婚活サイトに登録して、年下をピンポイントで狙うのもいいですが、いきなり年上からアプローチをすると戸惑ってしまう方もいるので、共通の趣味など接点を見つけてから広げていく方法はおすすめです。

 

私は彼を落とそうと思って計画を練って近づいたわけではないのですが、彼を好きになってからは若く見られる服装やメイク、髪形などの研究はしています。

今まで興味がなかったアンチエイジングの本を読むようになったり、エステに定期的に通うようになりました。

まずは年上のわたしでもいける!と自信をつけることが大切です。自信がつくと顔にもそれが表れていたようで、自然に頼られることが多くなりました。

 

■その2

まず年下彼氏と出会える場に積極手に参加する。参加できる場をつくることです。

年下彼氏が欲しいということは伏せてもらって、知人友人から紹介してもらうのがいちばんです。

 

年下彼氏と出会える場は少ないようで意外とたくさんあります。大学の市民講座を受講して学生食堂を利用するのもいいですし、公開授業でいっしょに学ぶのもよいです。

その際は出会い目的だけではなく自分の興味のある分野、関心がある分野を選びましょう

興味や関心が共通だと近づきやすいですし、お付き合いに発展してもよりよい関係が築けます。ワークショップ、ライブ、イベントなどもよい出会いの場です。

 

まず出会わなければなにも始まりません、積極的に場を広げ交友関係を広げましょう。

積極的で活動的、そして若い女性には難しいさりげない気配りや気遣いができる女性は年下男性からもとても魅力的に感じられます。
年上だからと気負ったり頑張る必要はありません。ありのままのあなたで、さりげないおとなの魅力をばっちりアピールしましょう。

聞き上手、アドバイス上手、いざとなったら頼りになる、でも甘え上手で「守ってあげなきゃ」とつよく思わせるのが年下彼氏を落とすテクです。

 

ファッションやメイクもありのままでよいです。

無理に頑張ったり変える必要はまったくありません。逆に無理して若づくりをしたり、年下ウケを狙うとひかれてしまう可能性大です。

「じぶんの魅力を再認識でき自信がもてる」というのは年下彼氏も同じです。

経験のある魅力的な年上彼女がじぶんを受けとめて甘えてくれるのはなによりうれしく、男性としての自信につながり、すてきな男性に成長してくれることでしょう。

 

■その3

年下の男性を落とすと一言で言っても、その人がどういう境遇かで全く違います。

 

兄だったらしっかりしている人が多いので、きっと上手く甘えられない人が多いと思います。そういう場合は、甘やかしてあげてください。

もしもしっかりしている人だったら、ついていくようにしてください。そういう人は頼られるのが好きです。

 

弟気質の人だったら、こちらもやはり甘やかしてあげてください。

ただ、甘やかされるだけでなく叱られたいという人もいるので、叱るべきときは叱ってあげてください。怒るのではなく、叱るのです。

 

甘やかされるだけでは物足りないという人も結構いるみたいです。ただ、基本的には年下は甘えたがりの人が多いので、リードしてあげると喜ぶと思われます

姉御肌と言ったら大げさですが、自分が引っ張ってみるというのは結構いい方法です。ただ、100%引っ張るのではなく、ときには甘えてみてください。少し弱いところを見せるのも重要なのです。

 

■その4

すばり、年下の彼氏を作るためにはオンとオフでギャップを見せることです。それから相手の男性を立てること

 

こちらの方が年上ということで、知識も経験も女性側のほうが年下男性よりも優れていることも多いでしょう。

しかし、絶対に相手のことを馬鹿にしたり経験の差を笑ってはいけません

彼氏にしたいと思っている人に取る態度以前の問題ですが、年下だからと言って何でも「こちらの方が上」という態度は厳禁です。

 

しかし「デキる女」「頼りになる女」という姿勢はアピールするといいでしょう。仕事などでさり気なくサポートをしたり、ミスをフォローしたり、男性のプライドを傷つけないようにしながら見守ってあげるといいでしょう。

 

そして飲み会の席や休日に会った時には、女性らしさのアピールです。

頼りになる女性と言う一面とは全く違ってちょっと甘えた面を見せてみたり、相手を「後輩」や「仕事仲間」と言った関係ではなく「男性」であることを意識して接するといいでしょう。

そしてまたオンモードになったら態度をきっちり切り替えます。これを繰り返していくと、男性側も段々とこちらへの意識を変えてくれるのではないでしょうか。

 

■その5

私の場合ですが、会社という場所は年下の彼氏が作りやすかったです。

なぜなら職場では後輩=年下の場合が多いからです。

年齢の近い後輩だと仕事を教える機会も多くコミュニケーションをとると思いますが、優しく丁寧に仕事を教えてあげることで優しい親切な人だなというイメージを与えることが出来ます。

 

また、会社では飲み会も多いのでさりげなく近くの席に座り、雑談しているうちにどこか新しくできた場所や話題の場所に行ってみたいという話題をふります

大体彼女のいない人であれば、じゃあ一緒に行ってみよう、という流れになりやすいと思うのでそこまで約束が出来れば大体うまくいくと思います。

誘いを断られたら脈がないのでさっさと諦めて別の人を探します。

 

一度仕事以外で遊びに行くとお互いに意識し合うようになり、会社で毎日顔を合わせるので付き合うまで時間はかかりません。

会社でも見られている意識を持ち、いつも誰にでも丁寧に親切にするよう心がけていた方が良い結果に繋がると考えます。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『年下彼氏と実際に出会えた方の体験談』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

資格取得のため通っていた専門学校で、5歳年下の男性知り合いました。

席が隣だったため、授業の前や後に少しずつ話をするようになりました。彼は気さくで人懐っこい性格です。

 

だんだんとお互いのプライベートな話をしたり、一緒に資格の勉強をしているうちに意気投合していきました。学校の外でもデートを重ねるようになりました。山登りやサイクリング、ビリヤードなど多趣味な彼は私に沢山の世界を教えてくれます。

 

5歳も年下なので好きになってはいけない相手なのではという思いもありましたが、、何よりも一緒にいて楽しく、年下とは感じられないほど男性として頼もしい面もあったのです。

私はどんどん彼に惹かれていきました。そしてある夏の夜、一緒に花火を見に行った後に彼に付き合ってほしいと告白されました。私に迷いはありませんでした。

誰よりも愛しい年下の彼氏と付き合うことができて、幸せいっぱいな気持ちでした。

 

■その2

私が28歳だった頃、5歳年下の彼氏とつきあっていました。

出会いは、夏祭りの花火大会です。

 

友達の家が出店を出していて、その手伝いを頼まれた時、同じく友達の弟も一人友達を手伝わせていて、その友達と意気投合しました。何というか、お祭りって気持ちも高揚するし、周りはカップルだらけだしね…。

今までは年上か同級生としか付き合った事はなく、年下って頼りないイメージがあったのですが、もう20歳も過ぎて社会人になればそうでもなくなりますね。相手に逆に5つも年上になるけどいいのかな?って思いましたが、あまり気にしなかった様です。

ジェネレーションギャップもなかったし、頼れるところや可愛い所もあって年下もいいな!って思いましたね。

 

■その3

一人目は六本木の芸能関係者が主催するクラブイベントで出会いました。

その時は場所も場所でしたので、気軽に遊べる程度の出会い位を求めていたので特に本気になって出会いを探していたわけではなかったのですが、さすがに業界関係者しか入れないイベントともあって変な若者もおらず年齢差関係なく安心して楽しめました。

 

交流の場ですのでみんなお酒を片手に盛り上がっている中、当時大学4年生、私からして6歳年下の男の子と出会いました。

かなりのイケメンで私自身もノリノリだったのもあり、その日イベントが終わった後東京タワーまで行ってのんびりベンチに座り将来の仕事の話やプライベート連絡先を交換し帰宅しました

そして、SNSなどでもつながり、何回かご飯に言ったり、飲みに行ったりした後付き合うことになりました。

 

その後1年ほど付き合いは続き、別れましたが、現在は私は結婚をしもうすぐ出産を控え、彼は彼女と順調に付き合っています。

 

■その4

私が介護の資格を取得するための講習に通っていたとき、同じクラスに8歳年下の男性がいました。クラスは老若男女さまざまの人たちがいたのですが、彼はクラスの中で一番若かったです。

 

実技講習ではチームやペアで行うことが多く、私は彼と組むことがよくありました。

彼は自分から動こうとしないし、要領が悪くて先生に教わったとおりにできなくてまごついていたので、正直私はイライラしていました。

それで私は少しアネゴ肌を出して「やる気あるの?」とか「もっと頑張って」など発破をかけているうちに、彼が私に頼ってくるようになって、試験の直前に「一緒に勉強しませんか」と声をかけてきてくれました。

 

最初は頼りないし男性として見ることができなかったのですが、私を頼ってくれる姿がかわいいなと思えるようになっていつの間にか好きになっていました

彼からは告白してくれそうもなかったので、私から告白して付き合うようになりました

 

■その5

私は大学生時代に出会った男性とお付合いしていました。彼はいわゆる年下彼氏です。

 

大学生のときに本屋さんでアルバイトをしていました。そして春には新しいアルバイトが入ってきました。彼はその中の一人です。

バイト先の本屋さんはシフト制で、大学生やフリーターで主に回していました。学生なので彼も授業終わりにバイトに来ました。だんだんとシフトが被るようになり、どんどん親しくなっていきました。

 

共通していたのは本屋さんというインドアな趣味を持ちつつ、お互いスポーツも好きだ、ということでした。本好きでスポーツ好きという人に今まであったことがなかったので、シフトが被るたびにどんどん距離が縮まっていきました。

バイト仲間だったので、シフトの調整などのことでライン交換も問題なかったです。彼は年下だけど、そのぶん追いつこうと一生懸命でとってもかわいかったです。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

年下彼氏が欲しいけどなかなか出会えない方も多いかもしれません。

しかも、好みの年下男性で、かつ、恋人が欲しい男性という両方を満たす必要があります。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。
恋活サイトは、年齢、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

年下彼氏と出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても、真面目な出会いが前提のサイトです。
 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、キーワード検索などで簡単に年下彼氏を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様にキーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

たとえば、コミュニティでは

・年下彼氏×年上彼女

・年上女性好き&年下男性好き

・しっかり年下男子とうっかり年上女子

・10歳以上年下でもいい。むしろ下がいい。

・お相手は年上も年下もアリ♪

・年下だけど僕が守る!

・年下彼氏でもいいですか?

などが存在します。

これらのコミュニティに参加すれば効率的に年下彼氏を見つける事が可能です。

 

当たり前ですが、登録している男性たちは『年上彼女OK、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのも恋活サイトの魅力です。

使ってみると便利で楽しいので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ