誰にも言えない恋愛の悩みはある?~口コミはこちら

誰にも言えない恋愛の悩み

 

『誰にも言えない、言いにくい女性の恋愛の悩みを持ったことがある方、具体的にどんな悩みだったか教えて下さい。』という質問をアンケートして聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

私が誰にも言えなかったのは、職場の人と付き合っていた時です。

その人は、同じ職場の人と婚約をしていました。
しかし、好きになってしまったのです。

その好きになったのは、仕事をしている時に、優しいその眼差しにひかれてしまいました。
私が好きであることを、その相手の人に気づかれてはいけないと思って、必死で気づかれないようにしていました。

 

ところが、宴会で隣同士になった時、その気持ちを爆発させてしまったのです。
好きであることを、その人に伝えてしまったのです。
その日から、その人と付き合うことになりました。

 

同僚の女性と婚約をしているので、その人にも気づかれないようにと、必死で気持ちをセーブしました。
食事をする時や、会社でちょっとした話の時も、その好きな相手の人のことを聞くのです。
そのたびに胸が締め付けられるような気持ちになりました。

しかし、会うたびに、余計に惹かれる自分がいたのです。
止めることができないと思った時から、秘密の恋を行けるところまで続けたいと、思っていた自分がいました。

 

■その2

私は妻子ある男性を好きになってしまい、とても辛い思いをしました。

知り合ったばかりの頃は相手が既婚者だということは知らず、親しくなっていくうちに結婚していることを知ったのです。

 

既婚者だと知ったときにはすでに相手を好きになってしまっていたので、それを知ったときは本当にショックでした。

結婚してたんだ、とその場ではなんとか笑って話を終えることができましたが、その日の夜は悲しくて苦しくて眠れないほどでした。

 

不倫を望んでいるわけではない、けれど相手にも私を好きになって欲しい、ずっと一緒にいたいという気持ちが抑えきれずとても苦しかったです。

友人などに相談することもできず、毎日モヤモヤとした気持ちを抱えたまま過ごしていました。好きな人が他の女性と楽しそうに話しているのを見て勝手に嫉妬をしたり、その人から奥さんや子供の話が出てくる度に、一人で傷ついたりしていました。

 

会わなくなれば自然と気持ちを昇華することができるかもしれないとも考えましたが、何せ同じ会社に勤めていた男性だったため、毎日顔を合わせるので相手を忘れることもできず、もうどうしたらいいのかと途方に暮れてしまいました。

 

■その3

現在不倫をしています。3年目になります。

初めは拒んでいましたが離婚するから付き合ってくれ、離婚するから結婚しようとあまりにもしつこく言い寄られ嘘だと思いつつその言葉を信じてしまい不倫が始まりました。

 

休みの日など会いたいときに会えず人前で堂々としていることもできません。

それでも最初は幸せでした。

ですがしだいに自分の立場がつらくなってきます。不倫だから仕方ない、私は遊ばれているだけだからなにも期待はしたらいけないと自分に言い聞かせて我慢しようとしていました。

ですが一緒にいる時間が長くなればなるほど我慢できなくなります。

 

別れないといけないと思ってはいても別れることが出来ずに苦しい日々が続きます。友達に相談などできるわけでもなく誰にも相談できずどうしたらいいのかもわかりません。

私のものじゃないから別れなければいけないこともわかっていますが、そう簡単に別れられるわけもなくずるずると続いてしまっています。

 

■その4

親友と同じ人を好きになった事です。

同じ職場で働いていた男友達(好きな人)を親友に見定めてもらおうと一緒に遊びに行ったのですが、とても優しくて気配りもできる彼に親友も心惹かれてしまったとの事。

 

最初はそんな親友に対して怒り心頭で、しばらく絶縁状態になってしまったのですが、やっぱり学生時代からずっと悩みを共有してきた親友だし、彼を好きになったと私に泣きながら話していた事など考えると罪悪感というか、とても気まずい気分になり一応仲直りをしました。

 

しかし・・・片想いをしている彼から、その親友の事が気になるんだけどって相談されてしまい、嫉妬の気持ちと悲しい気持ちでいっぱいになってしまいました。

いつも一緒に働いてい私より親友の方がいいのか、ぶっちゃけ私の方が可愛いのに、親友なんて本当は性格わるいよ、とか汚い気持ちの自分に嫌気がさしてしまします。応援してあげたいけど、とてもそんな気分になれない自分がいます。

同じ職場の人だから誰にも相談できないし、とても悩んでいます。

 

■その5

自分が14歳ほど年下の男性と付き合うまでは、年下カップルを見るにつけ、遊ばれてるんじゃない的な気持ちを持っていました。

だからこそ、自分が当事者になってしまった時は、周囲に気づかれたら、どんな風に思われるかわからないという不安が強く、誰にも相談することはできませんでした。

 

好意をもってしまった時も、自分はおかしいのではないか?とさえ思ったものです。
そして、自分の気持ちを彼から背けようと努力をしましたが、避けようとすればするほど思いが強くなっていくことがわかりました。

14歳年下彼のことを好きになり始めた頃、親友にちょっと話たのですが、相談にもならず、その後は絶対に相談するまいと心に誓いました。

 

自分の気持ちの持って行き方はもちろん、彼からアプローチをされた時も、嬉しい反面、もしかしたら騙されているのではないかという気持ちが生まれ、また、それを誰にも相談できず、とても苦しかったです。

眠れない夜を過ごしたというのは、後にも先にもこの時だけだと思います。

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ