男の髭は女受けする?かっこいい?気持ち悪い?~口コミはこちら

髭 女受け

『男の髭は女受けする?かっこいい?気持ち悪い?』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

髭ははっきり言ってあまり好きではありません。

かっこいい芸能人が髭を生やしているのはいいのですが、そうでもない一般人が髭を生やしていると、自意識過剰な感じがしてしまします。

特に無精ひげのようなおしゃれ髭の微妙な長さはどうやって保っているのか想像すると、鏡の前でいろんな角度から見て頑張って手入れしている姿が浮かんでしまい、ちょっと興ざめです。おしゃれにしていても男らしさを強調したいような気持が透けて見えるような気がするのもちょっと苦手です。

 

また、以前付き合っていた彼が髭を生やし始めた事があったのですが、頬に触れたときの髭の固い感じがどうしてもダメでした。

あのザラザラが好きな女子っているのでしょうか。見ているだけならかっこよければ許せる髭はありますが、やっぱり自分の彼氏には髭は生やしてほしくありませんね。

 

■その2

どちらかはっきり言ってしまうと、気持ち悪いです。きつい言い方になってしまいましたが、私はそう思います。

いつも行く美容院では、担当者はフリーで決まっていません。男性スタッフはそのうち5人ぐらいですが1人を除いて、みんな髭があります。ここの美容院では流行っているのかと思いましたが、過去に行ったところでも髭生やしてたな、と思い出しました。

 

鼻の下も顎にもある人、もみあげと顎まで繋がっている人、元々毛深そうな人は髪の毛も斜め分けにしてもさもさで、さらに髭なので、顔全体が毛に見えるほどです。

前髪を切ってもらうときに1番私の顔に近づくので、「髭があたりませんようにー」と思います。そして、髪型を提案してくれるときに、顎の髭を撫でながら首を傾げたりするので、その手で触らないでーと思ってしまいます。

鼻息とかで濡れたりするだろうし…ということで、私は髭が好きではありません。

男性美容師と付き合いたいけど、どうすればいい?

 

■その3

クリエイティヴワークな職場でなら、口髭の男性はちらほらいました。社内にいる事もあれば、お取引先にいらっしゃることもありました。

総じて、口髭のある方はセンスが良く、それなりな役職や立場に就いていたようです。

そしてご自身のセンスや仕事内容にも自身を持っているようでした。皆インテリな雰囲気を持っており、知識豊富な趣味人という印象を受けました。

 

同じような業界でも、サラリーマン的な雰囲気やお取引先を気にするような立場を持つ会社では、口髭の人は皆無でした。
偉そうに見えるからだそうです。
実際、自己顕示欲の強い方が生やしていることも多いようです。

口髭を生やそうと思う人の心理というのは、実のところ女性には正確に察することはできませんが、センスや趣味が悪い人で口髭の人はあまり見たことがないため、男の髭は女受けし、かっこいいものではないでしょうか。

 

■その4

基本的に、その人に似合っているのと、清潔感があればひげを生やすのはおしゃれでかっこいいと思います。ただし、無精ひげのようなただ伸ばしただけのようなヒゲは、不衛生に見えるので苦手です。

また、サンタクロースのように口の周り全体に長めのひげが生えている囲みひげの方もたまにいますが、顔よりもひげに目がいってしまいます。

 

美容院や洋服ショップのお兄さんは、割とヒゲをおしゃれに整えている方が多いと思います。芸能人でいうと岡田准一さんや水嶋ヒロさんが一時期生やしていたようなヒゲはかっこいいと思います。

ヒゲを生やすなら、鼻の下や顎に控えめに生えているひげがおしゃれでかっこいいと思いますし、女性受けもいいのではないかと思います。

おしゃれな髭の男性と出会いたい!おすすめの出会い方は?

 

■その5

男性の髭について好みはあると思いますが、大事なことは清潔感があるかどうかだと思います。

テレビに出ている俳優さんなどが髭を生やしているのを見て、かっこいいと感じることが多々あります。皆さん総じてきちんと手入れをされている方ばかりです。

女性にはない男らしさを出すのにはとても効果的なアイテムだと思いますが、ただ生やせばモテるかと言われると首を傾げます。

 

最初に書いたように、髭がアリかナシかは好みの部分が大きいとは思いますが、個人的には清潔感のある髭はワイルドさやオシャレさが出るのではないかと思います。

誰でも似合うものではなく難しいと思うので、髭を生やすことができる男性=女性にモテる男性ということになるのではないのでしょうか。

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ