消防士の仕事って安定しているの?~口コミはこちら

消防士 安定

『消防士の仕事って安定しているの?』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

すごく安定しています。

夜勤勤務などあり大変ですが、その分お給料はいいですし、年末年始も出勤があったりすると、1日出勤して数万円の手当てがもらえます。
知り合いのご主人は若いですが、子供3人育てています。

きっと高給で安定しているから育てられるのだと思います。公務員なので犯罪を犯さない限り辞めさせられる事もないですし、高給取りだと思います。

 

でも命掛けの仕事です。知り合いの消防士の方も火災の現場で屋根が落ちてきて亡くなってしまいました。だから給料は安定していますが、危険と背中合わせではあります。

でもとにかく手当てが充実しているので、手当て分で同じ世代の若い人の給料分ぐらいはあるかもしれません。だから結婚して生活するには十分です。

 

■その2

消防士は地方公務員です。そのため、不祥事などを起こさない限り解雇されることはありません。

ただし、消防士は危険を伴うお仕事です。市役所などに勤めている訳ではなく、火災や事故、災害の現場で命がけで働いています。

 

転勤は消防本部の規模によって異なります。しかし、転勤と言っても消防本部ごとに採用されているので、出向などで無い限り、市内やその周辺の市町村内といった狭い地域内での移動となるので多くが通勤できる範囲になります。

ただし、東京消防庁は島嶼部と一部自治体を除く東京都内すべてが管轄になるので異動は大変かもしれません。また、近年の市町村合併や広域行政組合で消防本部の管轄域が広がっている場合もあるので、居住先は制限される可能性があります。

 

■その3

消防士さんの仕事は、安定しているといえます。

消防士さんは、市町村で採用されるので、市町村の役人さんという位置づけです。ですから、公務員です。ですので、リストラされることもありません。定年60歳まで働くことができます。

もちろん年齢を経たら、現場に出るということはなく、事務などの仕事につくこともあります。給料も公務員の給料ですので、安定しています。ボーナスもあります。

 

また気になる転勤ですが、遠くに飛ばされるという可能性はありません。なぜなら、市町村で採用されているからです。

しかし、大きな消防署の場合は、多数の市町村を管理していることもありますので、別の市の消防署に転勤などはあるかもしれません。全国的な転勤などはありません。ですので、安定している仕事です。

しかし、非常に危険な仕事でありますので、覚悟は必要です。

 

■その4

消防士は地方公務員なので、一般的な職業などとくらべて景気などに給料が左右されません。安定した給与がもらえるといった点で言えば安定していると言えるでしょう。

また、消防士は給与が高い傾向があります。もちろん最初からそこまで高いわけではなく、大卒、高卒などで給与は異なるものの、昇給もあるので、一般的な公務員と比べてると給与は高くなっています。

 

そして消防士は大変な仕事である為、手当なども支給されます。給与のほかに様々な手当が適応されるので、こういった点でも手厚く保障を受けられます。

非常に安定しているように見える消防士ですが、これは危険と隣り合わせの職業だから、といった理由があると思います。
そういった側面も無視せずに、よく考えなければいけません。

 

■その5

消防士の需要は近年高まっているようです。

火事の時に出動するイメージがありますが、実際は火事だけではなく、台風などによる洪水または地すべりや地震による家屋の倒壊などの災害が起こった時にも出動しなくてはなりません。

 

生命活動の維持や生活に欠かすことの出来ない職業はこの先もなくなることはありません。好景気、不景気に関わらず絶対に必要な職業のため、仕事がなくなることもありません。

また消防士は地方公務員のため、収入の面でも安定していると言えるでしょう。

 

結婚となると転勤の有無も気になりますが、消防士は市町村単位の採用です。市町村の職員ということですので、基本的には管轄外の地域には転勤することはありません。

災害時など緊急時には現地への派遣や出張があるかもしれませんが、それ以外にはそれほど心配入らないようです。

消防士と出会いたいけど、おすすめの出会い方は?

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

⇒消防士関連の記事【まとめTOPページ】はこちら

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ