振られたらすぐ諦めるべき理由は?~口コミはこちら

振られたらすぐ諦めるべき

 

『振られたらすぐ諦めるべき理由は?』という質問をアンケートして聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

告白されて断るのにも恋人と別れるのにも、相手を振るという行為には大きな理由があります。

振られた側は悲しくて受け入れ難いことですが、相手にとって自分は一番好きな異性でもなければ、一緒に居たい相手でもないということです。
この事実と向き合わずに執着しても、何も良いことはありません。

 

引き際が良ければ相手もちょっとは後悔するようなイイ男・イイ女に見えますが、未練がましい態度をとると相手にはマイナスの感情しか残らなくなります。
また自分で世界を狭めることになり、新たな出会いも遠ざかってしまいます。

 

今すぐ忘れる必要などないし、簡単に立ち直れないのが失恋です。
でも覚えておいて欲しいのは、諦めるのはネガティブなことではないということです。

少しでも楽しいことや新しいことに目を向けてみてください。
イキイキして、より魅力的になりますよ。

 

■その2

振られるということは、相手にもう付き合いを継続していく気が無いということ。そして自分の興味もないということ。

そのためにそんな相手にしがみつくことは無駄だと思うようにしています。

 

自分に好きな気持ちがあり、振られる理由が納得できない場合には、寂しいですよね。そして別れを受け入れられないですよね。

でも私はいつまでもしがみついている未練がましい女とみられることが嫌です。だから表面的には、すぐにあきらめたふりをします。そして自分の中で振られた理由を納得させてその気持ちを整理していくことが多いです。

 

好きな彼に振られるのはとてもショックです。

でもいつまでもしがみついていやな女という印象を残されるのも嫌なので、すぐにあきらめるように努力します。

 

■その3

振られたらすぐ諦めるべき理由は、日常生活に支障をきたす可能性が大きく、時間の無駄という事です。

 

振られたのにも関わらず、しつこくされ、好意を持ち続けられた相手の方は、迷惑でたまったものではありません。
そして、諦めないと、ストーカーになる危険もあります。

そんな状況になったら、両想いの恋愛を見逃し、ストーカーして、嫌われる時間に費やしている事になります。

 

また、ストーカーにまでいかなくとも、想い続けていては、全くいいことはありません。

告白して、実らなかったのならば、さっさと想いを断ち切り、趣味に打ち込んでみたり、次の恋愛に行くべきです。

そうしないと、精神的にもまいってしまいます。普段の日常生活が出来なくなってしまうのです。
そうならないためにも、すぐに降られたら諦めるべきなのです。

 

■その4

振られてもまだ相手のことを好きだという未練が残ることは良くありますよね。しかし振られるということは何か相手が自分のことを受け入れられなくなった理由があるはずなので、深追いは禁物です。

彼女に振られる理由は?

 

携帯やネットでも簡単に連絡が取りやすくなった今、ストーカーという言葉が一般的になり、それを身近に意識する人も増えています。

例えば今はその気になればLINEやツイッター、フェイスブックなどのSNSで相手に発信したり、相手のプライベート情報を目にすることができる機会がたくさんあります。

 

中には実際に会いに行ったり電話をしなくても、SNSに足跡が残っていたりLINEでいくつかスタンプを送っただけで見張られている、ストーキングされていると感じる人もいるようです。

振られたとはいえ自分が好きだった人に怖いと感じさせたり、ストーカーと思われてしまうのは辛いですよね。

以上のことから、基本的には振られたらすぐに諦めるのがベターです。

 

■その5

振られたときに再度同じ相手に告白、またはアプローチをかけていくべきか、それとも別の相手を探すべきか迷うところかも知れません。

しかし、これは理論的にまたは頭で考えてもどうにもなりません。

 

仮に振られたときにいったい自分がどうしたいかを考えてみてください。

ここでやっぱ好きだからもう一度という強い思いがあれば再度アタックしましょう。逆にここであまり強い思いがわいてこないようであれば、無理にその相手にこだわらず、すぐにあきらめて別の相手を探したほうがきれいさっぱりいいと思います。

 

恋愛に関してはここの割り切りが難しいところなのですが、自分の胸の内を見つめなおすということをしっかりしてみればわかることだと思います。

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ