商社マンと出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

商社マン 出会い

『商社マンと出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

商社マンと出会いたいならば、神田駅付近の飲み屋さんに通うのがいいかもしれません

サラリーマンが多い駅ですので、商社マンと出会う可能性は高いかもしれません。とはいえ、飲み屋で初対面の人に商社マンですかといきなり聞くのはかなり勇気がいるはずです。

 

以前商社マンの方と仕事上ですが、お会いしたことがあります。

出会い方としては、雑誌の編集者の方の紹介でした

 

知人の編集者はとても顔が広いので、そのなかには商社マンも数人いました。すべての編集者の方が顔が広く商社マンとつながりがあるかはわかりませんが、もし知人に編集者の方がいるのでしたら、一度ご相談されてみてもいいかもしれません。

なにか耳より情報があるかもしれません。

 

■その2

商社マンと出会うにはとりあえず「居酒屋」へ行ってください

商社マンはとりあえず忙しいです。残業なんて毎日のようにあります。また上司との接待も多いので居酒屋にいる確立はかなり高いです。

 

場所は新橋、飯田橋に多いです。

オフィスもたくさんありますし、だいたい飲んでいる人はサラリーマンです。その中に商社マンはたくさんいるでしょう。

 

できれば、夜9時か10時ぐらいの時間がおすすめです。

なぜなら、だいたい1次会は自分達の仕事の関係者の人達と飲んでいるグループが多いですが、9時以降は2次会タイムです。2次会となれば帰宅する人もいるし、自由に飲んでいる人が多いからです。

隣の席で声をかけても不自然ではないですし、話しかけやすい&出会いやすい時間帯になります。

 

■その3

実際、自分自身の夫が商社マンなので、どのように出会ったのか紹介させていただきます。

 

出会いは都内のクラブです。

いわゆるクラブ内でのナンパになります。同じ音楽のジャンルが好きだった事で話が合って二人で楽しく飲みにいくことが多かったです。

 

すぐに付き合うことにはなりませんでしたが、1年間友人関係が続きだんだんとお互い意識をするようになり結婚前提としたお付き合いに発展しました。

商社マンは基本的に接待が多くお酒を飲むことが多いそうです。お酒が飲めないと接待も大変なのでお酒に強い人が多いように思います。

 

会社にもよりますが仕事が忙しいうえ接待もあるので出会いはそんなに多くないようです。

主人の同僚はバーで知り合った女性と結婚したようですし、やはりお酒を提供している店が出会いやすいと思います。出社後、会社の近くで飲んでいるようなので商社の多い場所の近くの店が出会いやすいと思います。

 

■その4

商社マンと出会いたい場合ですが、やはり知り合いに紹介してもらうのが一番いいです。

知り合いを通して出会えば、それだけ信頼がありますので、うまく行きやすいです。しかし商社マンと知り合いの人がいない場合もあります。

 

そこでオススメしたいのは、婚活サイトなどを利用することがオススメですね。

婚活サイトは入会時にお金もかかりますし、独身であることの身分を証明する書類の提出が必要な場合も多いので、キチンとした人が多いです。

商社マンも多く登録していますので、とてもオススメできるツールです。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『商社マンと実際に出会えた方の体験談』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

大学の友人が有名商社に就職が決まり、就職してすぐに商社の社員の方々と大学の友人たちとの合コンをしました

そこで、28歳の男性に会いました。

会ってすぐに連絡先を聞かれ、好きな食事のジャンルや趣味など詳しく聞かれました。美味しいスペイン料理のお店を知っているという事で、次回二人で食事に行く約束をしました

 

スペイン料理のお店は隠れ家のようなお店で、お洒落な女性なら誰でもまた行きたくなるような美味しくて素敵な場所でした。その後、バールのようなここもお洒落なお店でお酒を飲みとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

商社の人の印象は、流行に敏感でお洒落な洗練されている人が多いという事です。何より頭が良いので話題も豊富で、付き合っていても楽しい時間が過ごせるという印象でした

結局、好みではなかったのでその後お付き合いまでは至りませんでしたが、友人のなかには結婚まで至り幸せな家庭を築いている人もいます。

 

■その2

商社マンとの出会いがあるのは断然合コンです。合コンはやはり顔が広い友人にセッティングを任せるのが一番です。

 

私を含め周囲のケースを見てみると合コンで出会ったという人ばかりという印象です。ですから、いかに合コンの話を持ってこれる知り合いがいるかどうかということにかかってきます。

もし合コンが無理ならやはり婚活サイトに登録したうえで商社勤務指定するしかないですね。

 

もともと商社マンはすごくモテるので婚活サイトにまで登録している人は少ないかもしれません。ですからなるべくコネつながりで合コン参加が商社マンゲットの近道だと言えます。

 

■その3

私が、道に迷っている外国人に声をかけて話してる時でした。共通点があったりして、話がもりあがって楽しくさようならしました。

 

すると突然後ろから日本人のスーツのサラリーマンに声をかけられました。

「いますごく上手な英語が聞こえてきたので、気になって声かけました。僕も仕事で英語が必要で最近勉強してるんです。が、周りに留学してる方の情報もなく、何か参考になるかも!と思って声をかけてしまいました。」とおっしゃっておりました。

 

私はまずその方のお話を一通り聞いて、最後に名刺をくださいました。そこで大手の商社マンの方だったと知りました

実際に今までそういったすごく給料の良い会社の商社マンに出会うことがなかなか無かったので、自分の外国人への手助けがきっかけでこのような形で、ほかの方から声かけて頂いて知り合いになることがあるんだなぁと驚きました!

 

■その4

ある日友人から、合コンがあると誘われ、あまり気が進まないまま行きました。

 

そのときのメンバーのなかに、商社マンの彼も居ました。他は、銀行マン、教師など居ました

偶然隣に座ったのが商社マンの彼で、趣味も音楽で好きなミュージシャンも一緒だったので話が盛り上がり、出身も近かったので地元の話もかなりしました。違和感なく連絡先も交換しました。

 

その後、彼から積極的に誘われていっしょにライブにいったり、食事にいったり映画を見たりと楽しい付き合いを重ね、彼から付き合いたいと私の誕生日に告白されて恋人になりました。約3年くらい付き合いました。

お互い仕事が忙しすぎてだんだん会わなくなり、結局は別れましたが一時は結婚も意識した彼でした。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

リアルの生活では商社マンを探そうとするとかなり大変です。

しかも、難しいのは好みの商社マンで、かつ、今恋人が欲しい男性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、職業、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

商社マンと出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会いが前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのも魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、職業、キーワード検索などで簡単に好みの商社マンを見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に職業、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

当たり前ですが、うまく検索すると登録している方たちは『好みの商社マンで、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。趣味などが合えばさらに確率が上がります。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点が婚活パーティー、合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ