美術館好きと出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

美術館好き 出会い

『美術館好きと出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

大概の美術館には、ファンクラブのような感じのものが作られています

付けられている名前は様々で、会自体の運営方針も美術館によって色々ですから、まずは自分の好みに合いそうな美術館に見当を付けて入会してみると良いと思います。

 

こういった会は、会員特典が付くところが多くて、年間数千円払うことで、入館料が割引や無料になったり新しい催しの案内が来たりしますし、会員のみ参加OKなんて言うレアな催しがある美術館もあります。

同じように入会している人は、やはり美術館が好きな人が多いので、入会しても損はないと思います。

 

会での催しものに積極的に参加して、美術館に通ってるうちに、異性と親しくなれる可能性は決して低くはありません。出会いの数を増やしたいなら、幾つかの美術館のそういう会に入会しておくと良いかもしれませんね。

 

■その2

美術館好きと出会いたい時は、ナンパも使えます。

最近も伊藤若冲展が盛り上がりましたが、そういう会場にいって、一人のお客さんに気さくに話しかけてみることをオススメします。

 

しかし一人で見たい人も多いので、ダメな場合はすぐに引き下がることが大切です。無理をすると嫌われてしまいます。ラッキーにも返事をくれたら、一緒に美術品を鑑賞しましょう。自然と会話も生まれますし、美術館好きなのも確実なので、いい出会いになると思います。

 

ナンパは厳しいという人には、出会い系サイトもとてもいいです。

美術館好きは、内向的でおとなしい人が多いので、こちらなら気が楽で、お互いにリラックスしてコミュニケーションできると思います。リラックスしていると、自分のいい部分が出てきますので、恋愛に発展する可能性大です。

 

■その3

美術館好きの異性とのおすすめの出会い方は、ファッションが好きな人と仲良くなることです。ファッションが好きな人は、美しいものが好きなことも多く、美術が好きで詳しい人が多いです。

そんな私(男性)も美術館で絵画を観るのが好きですが、同じくらいファッションも好きで、1年くらい、SNSに、全身のコーディネートの画像を載せ続けています。

 

半年くらい前、SNSにカラフルなコーディネートの画像を載せたところ、それに対して、ある女性(ここでは、A子と置く)がコメントをくれました。

その画像で、私が着ていたTシャツのブランドがA子さんも好きだったようで、反応したとのことでした。同じブランドが好きということで、話が弾みました。それがきっかけでお互いフォローし合いました。

 

それから、A子さんのつぶやきを見ていると、美術館に行くのがとても好きみたいで、結構な頻度で展覧会に行っているようでした。ある日、同じ展覧会を1日違いで鑑賞していたことがわかって、それがきっかけで、美術の話をSNS上でするようになりました。

SNS上で話をするのがとても楽しくて、いつの間にか私は彼女に恋愛感情を抱いていました。それから、お互い、同じ展示を観に行く予定だとわかって、一緒に行く約束をしました。

SNSで、顔やなんとなく穏やかな性格の人だとわかっていたので、不安はありませんでした。

 

展示を誰かと観るのは初めてで緊張しましたが、楽しかったです。そしてその日、意外なことに、A子さんのほうから告白してきて、付き合うようになりました。

一見遠回りに見えますが、ファッションが好きで、美術館によく行くという人と、今まで結構出会ってきたので、よかったら参考にしてみてください。

 

■その4

「美術館」なんて聞くと、何だか堅苦しい響きがあってちょっと足が遠のいちゃう・・・なんて人は珍しくないのではないでしょうか。

美術館好きの人は大きく分けると2パターンに分類されます。

①ひとりで静かに鑑賞したい人

②誰かと感想を分かち合いたい人

かく言う筆者も、実はちょっと美術館好き女子。どちらかと言えば①ひとりで静かに鑑賞したい人に当てはまります。

 

今回のテーマ「美術館好きとのおすすめの出会い方は?」という事ですが、注目すべきポイントは「有名どころの美術展は誰でも観に行く」ということ

たまたま近くの美術館がテレビで紹介されていたら、へぇ~行ってみようかな、なんて気になりませんか?

あまり美術に興味がない人も、フェルメール、モネ、ダビンチ、なんて有名どころの画家の名前ぐらいは耳にしたことがあると思います。美術館好きもこの手の美術展はもちろん足を運びますが、だいたい入場3時時間待ちなど混雑していて疲労コンパイ。出会うどころではありません。

 

それじゃいつ行けばいいの!?という方へ朗報です。

美術館は休館日以外、たいてい「常設展」というものがあり、美術館好きはこれにも足を運びます

なぜか?

それは好きな絵があったり、実家に帰ったような落ち着きがあったり、そもそもこの空間が好きだから・・・です。美術館には好きな画集や図書を自由に閲覧できるコーナーや、カフェ、そして庭園などがあり、1人の女子(もしくは男子)がわりと気軽に訪れているんですよ♪

 

まずは近くの美術館へ行き、ちょっと絵画を眺めてみましょう。

そして図書コーナーへ行ってみて、ひとりで来ている人を見つけましょう。美術館好きは照れ屋が多いかもしれませんが、無愛想な人はいません。近くを通りかかれば挨拶ぐらいするし、目だって合います。

その時、相手が手にしていた画集などをふと見て「この絵、お好きなんですか?」なんて声を掛けてみましょう!

 

こちらは詳しくなくても構いません、ようは話のキッカケ作りです。

「実は美術館は初めてで・・・」なんて言ってみるのも良いでしょう。相手も少しビックリするかもしれませんが、きっと笑顔で好きな画家さんについて教えてくれると思います。

そこからカフェに行ったり、お散歩したり。楽しい時間を過ごせるか、後はあなた次第です!

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

メトロポリタン美術館
Photo by Monica Arellano-Ongpin

『美術館好きの異姓と実際に出会えた方の体験談』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

以前の職場は200人以上が勤務しており休憩室が広かったんです。テレビを見る人、仲のよい人達でお喋りする人、本を読む人など様々でした。

 

女性が多い職場なので男性はテーブルの片隅にいる感じです。仕事中に挨拶を交わしたり、連絡事項などしか話した事のない男性はいつも休憩室で読書する人で大体が文庫本だったんです

一度、大きな図鑑のような本を見ていたので、何を読んでるの?と声をかけてみました。

画集だったので、少し見せてもらったんです。普段読んでいる本の話の好みは違ったのですが、休日は美術館に行ったり図書館で画集を見ていると言うので一度一緒に地元の美術館に行きました

 

なかなかデートで美術館巡りをする男性とは知り合えなかったので、彼に思いきって声をかけてみて良かったです。

 

■その2

美術館を好きな女性と、大阪でのSNS主催の合コンで出会うことができました。

 

いかにも美術館が好きそうな、おとなしめの女性だったので、こういう合コンに来るもんなんだ、と思いましたが、なかなか普段出会いがなく、美術館巡りが好きなので出会いも全くないので、こういう機会がないと異性と話すことがない、と話していました。

私が旅行好きで、彼女もお目当の美術展があるときには東京などにも思い立ったらすぐに行くという行動派で、気が合いました。

 

その後、大阪の美術館デートをしましたが、あまりにも彼女が絵に没頭し、巡った後はそれで満足してしまったのか、あるいは全力の体力を使い果たしてしまったのか、すぐに家に帰ってしまったことが二回ほどありました。

そのため、興ざめしてしまいそれ以来遊ばなくなってしまいましたが、もう少しデートに誘って違う面を見つけれたら良かったな、と今では後悔しています。

 

■その3

私は趣味で、靴の修理を自分でやっているのですが、100円ショップのDIYコーナーをうろうろしていたら、メガネをかけた金髪白人が同じコーナーにいました

私が靴のヒールのパーツと接着剤を手にしたら、その接着剤を見て、何に使うのか話しかけてきました。

 

靴のイラストを指して、ここのリペアに使うことを言ったら、その人は少し用途が違うものが欲しかったようで、黒く塗るものを探しているとのことでした。

それで、どこを塗るのかをたずねたら、屋外に飾るオブジェとのことで、スマホの写真を見せてもらうと、とても抽象的なオブジェの作品があり、そこのアンティーク調にするためのペイントを探しているとのことでした。

それで、アクリル絵具のコーナーでそれを提案したらとても喜んでくれました。

 
その後話が進み、名古屋の金山駅出てすぐの美術館に一緒にいきました。今でも大切な美術館友達です。

 

■その4

絵画やアートなど美術館によってさまざまな顔があり、芸術を堪能するにはどれも五感を刺激する体験ができるので本当に美術館は大好きな場所です。

やはりお付き合いをする男性も同じようにアートを楽しめる人というのが私の条件でした

 

二人で一緒に美術館巡りをする、そんな想像をするだけでも幸せな気分になれます。そんな私が美術館好きの男性に出会えたのは、ズバリ美術館でした

 

一人で美術館にきている男性とそれとなく会話を交わすのは難しいことではありませんでした。お互いに一人での美術鑑賞なので、かなり話ははずみました。運命の出会いだったのかもしれないと思えるくらい、本当に何かに引き合わせてもらったような出会いでした。

 

美術館以外でアート好き男性を見つけるおすすめは、婚活サイトで趣味に美術館巡りというのを選んだり、美術館が好きという項目を選んでおけばマッチした男性がどんどん紹介されてきます。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

リアルの生活で美術館好きの異性を見つけるのはなかなか難しいですね。

しかも、美術館好きで、かつ、今恋人が欲しい異性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、趣味、興味などでスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

メトロポリタン美術館02
Photo by Gary Denham

美術館好きと出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのも魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『美術館好きの好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点が婚活パーティー、合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。
 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ