文系男子と出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

文系男子 出会い
Photo by Liam Quinn

『文系男子と出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

世に言う文系男子と理系男子、、、

どちらがお好みかは人によりますが、文系男子は、理系男子に比べ、柔軟な思考や多様な価値観を許容できる、器の大きな男性が多いのではないでしょうか。

そんな文系男子との出会うには、文系男子が多く潜んでいる場所に積極的に出かけていくことが必須です!

 

文系男子の出没場所でまず考えられるのが、フェスやライブなどの人が多く集まるイベント会場です。学生時代からこういった場所に慣れている文系男子なら、向こうから話しかけてくれるかもしれませんよ。

次に考えられるのはスタバ等のカフェです。特に出勤前の時間帯や、休日の昼下がりなどには、1人本を読んでいる知的文系男子がいる可能性大です。

 

このような場所に積極的に出かけ、いいと思った人には積極的に声をかけましょう!学生時代に遊びやバイトで培ったコミュ力の高い文系男子も、知性が魅力的なオトナ文系男子も、きっとあなたの誘いにも乗ってくれると思います。

 

■その2

知的で、かつ、おっとりした優しい文系男子の人気がますます高まっています。

女性にとっては文系男子は理想の恋人や結婚相手だと言われていますが、こういった文系男子との出会いはどうすればよいのでしょうか。

 

一番のおすすめは、やはり恋活パーティーに参加したり街コンに参加する方法です。

1、2回で良い出会いが無いと諦めずに、どんどん色々な恋活パーティーに顔を出すようにしていればいずれ理想の文系男子が必ず見つかるでしょう。

このような恋活パーティーは文系男子のなかでも、趣味や年代や職種など細かく希望が分かれて行われることが多いので、自分の好みにぴったりの文系男子を見つけることが可能なのです。

とにかく様々なスタイルの出会いツールを使って積極的に文系男子探しをしてみましょう。

 

■その3

文系男子と出会いたい場合は、CDショップや本屋、ブックカフェなどでアルバイトをすることをおすすめします。

そこには必ずアート系やカルチャー系、本に詳しい文系男子が一人はバイトとしているはずです。

 

彼らは合コンなどには滅多に出没しませんし、友達の紹介などで出会っても口下手であるため盛り上がらず連絡先も聞いてこない可能性が高いうえ、ネットや出会い系の出会いにも拒否反応の高い場合が多く、なかなか女性と関係が進展しない攻略の難しい相手です。

一緒のアルバイトで同じ時間を過ごすことで徐々に打ち解け、共通の趣味の話などで盛り上がることで距離を縮める方法が一番自然であり、警戒心の高い文系男子には有効なアプローチ方法であるといえます。

 

■その4

文系男子とは何ぞやと考えた時に、理系ように感情を廃し数字で割り切る、ロジカルな言動に終始する男子と相対する者と考えます。

つまり私が勝手に定義する文系男子とは、文学作品の登場人物ような一見物静かではあるが、親しくなると情緒溢れる言動をする、心のままに生きる男です。

 

そのような男子との出会いを求めるのならば、彼らが集まりそうな場所を探すことです。

己の感情を揺さぶられるような機会を求めている、彼らのような男子が行きそうな図書館や劇団の公演会場等に足を運ぶべきです。図書館であればお勧めの面白い本の紹介をお願いしたり、公演会場であれば観ようとしている作品や演者について尋ねることも気軽に出来ると思います。

楽しく意見交換が出来るようであれば、そのまま食事に誘ってみることをお勧めします。

 

■その5

若い男性で、漫画ではなく文学や本が好きという方は減少傾向にありますが、全くいないわけではありません。

ただその中には、男性的な趣味でないということで、本好きを公言していない方が多いようです。実生活よりも、ネット上のほうが趣味として公開しやすいのです

 

男性の場合、facebookなどで個人情報を公開していることも多いですから、書評や本の紹介をしている方へ、まずはファンメールを送ってやりとりしてみてはどうでしょう。

ネット以外の出会いとなると、本屋さんや古本屋さんで働いている方は比較的、本好きな方が多いです。素敵な店員さんを探して本屋巡りをしてみては。もちろん、仕事の邪魔にはならないように。

気になる人を見つけたら、奥ゆかしく、そっと手紙を渡しましょう。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

文系男子 出会い02
Photo by Angela McCallum

『好みの文系男子と実際に出会えた体験談!』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

4年ほどの遠方からの赴任から戻ってきたときには、仲良い友達もみな結婚していました。将来一人で生きていくのが辛いなと思い、婚活をはじめました。

とある婚活サイトに登録し、6~7人と会いましたが、ただ暗いだけの人、どちらかと言えば陽キャ的な人が多く、なかなか文系男子には会えませんでした。

 

しかし根気強くメッセージをやり取りするなかで、ひとりだけ当時見ていたアニメの考察や、哲学的な側面について同じように議論してくれる人が現れました。

歴史好き、音楽好き、社会学系の大学出身というプロフィールを見て、もしかしたら合うかも、という感触を信じて、長いメッセージのやり取りを4ヶ月ほど続けました。その中で「会いたい」という感覚が芽生えました。

 

実際に会ってみると、「職場や友人関係に恋愛感情を持ち込んで、既存の人間関係を壊すのが負担である」という自分の意見に納得してくれました。
また博物館や展示などを、豊富な歴史的背景と共に楽しんでくれるところも楽しく、4回目ほどのデートで実際に付き合うことになりました。現在、彼は私の婚約者になりました。

 

会う前に、かなり長文のメールをお互いにやり取りしたことで、ある程度人となりを知ることができたことが、最終的な関係性の発展に繋がったと考えています。

 

■その2

大学3年生の時、他大学の男子学生とコンパをする機会があったのですがその中に21歳にしてはとても地味な男子学生がいました。

といっても黒髪でメガネをかけていて白シャツにジーンズというシンプルな出で立ちであり、ダサいとか見た目が劣っているわけではありませんでした。

 

その上、その場にいた他の男子学生が茶髪で派手目だったことからかえって目立っていました。しかもコンパであるにも関わらず本を複数持参していて、まだスマートフォンがなかった当時でも珍しいと思いました。

当時は私も地味な雰囲気で男性にモテなかったことから迷わずその彼に話を聞いたところ、文学部国文学科在籍で趣味は本を読むこと、将来の夢は作家になることとしっかりした夢を持っていたのでとても気になってしまいました。

 

すぐに連絡先を交換してしばらく連絡を取り合い、実際にデートにまでこぎつけたのですが、彼は人と話すことよりも本が好きなようで、デート中も飲食店で料理が来るまでの間会話が途切れると逐次本を出して気になるところを読んでいました。

 

携帯をずっと触っているよりはいいと思ったのですが、その一方で私には一切興味がなさそうだと感じてしまいました。

実際連絡は全て私からしていて、その男子学生は私には興味を示していないようでした。その状態に疲れてしまったので結局は2回のデートで彼と会うことをやめました。

 

■その3

私は、学生時代のサークルで、小説が好きな男性とお付き合いをしたことがあります。

入っていたサークルは文系ではなくて、色々なところに旅行に行けるユースのサークルだったのですが、けっこう元気な漢字の人が多いサークルの中に読書が趣味で結構落ち着いていた男性が入っていたんですよね。

 

その男性とは同級生だったので、同じ時期に入部したこともあってとても仲良しになって、なおかつ住んでいるところがとても近くということでもっと親近感を湧くようになってお付き合いに至ったことがあります。

それまでは私自身も男性とお付き合いしたことがなかったので、本が好きというところが一緒だったので気があったのかも知れません。

 

好きな本の分野は少し違いましたが、彼は東野圭吾さんや村上春樹さんが好きなタイプで、私は辻村美月さんという方が好きなのですが、あまり知られていなくて彼だけ知っていたのでそれで話があったりしました。

休日はそこまで外に出かけることもなく、家にいることが多かったように思います。

 

■その4

会社の事務員をしている時、とても大人しい感じの印刷会社の営業マンが出入りしてました。

少人数の事務所なので、その日はパソコンの調子が悪く一人であくせくしているところ、彼がやってきて私の様子に気づき、さりげなく話を聞いてくれて、一緒に問題解決にむけてパソコンをいじり始めました。

 

そうしているうちに、話し方がとても丁寧できれいな日本語だったのでとても驚いて、普段はあいさつ程度しか話していなかったのでとても新鮮で、一通りパソコンがなおりお茶入れた時に、「本がお好きなんですか?」とダイレクトに聞いたところ、「大学で文学を勉強しました。」と彼。

「卒論は何を書かれたのですか・」とたずねると、「源氏物語です。」と聞いた瞬間に、私の好みの知性と教養を彼から感じ、阿吽の呼吸でとんとん拍子に話が進み、結婚しました。

 

■その5

なんだか本が読みたい気分になり、本屋さんにカフェが併設されている店に行きました。好みの本を本屋さんで購入し、カフェでゆったりと読み始めました。

人気の店なのでカウンター席もすぐに埋まるのですが、その日も満席で隣の席に若い男性が座ってきました。彼も同じく本を読みにきていたようで並んで本を読むことに。

 

少ししてから隣の男性から「その本面白いですか?」と声をかけられました。

正直面白くなかったので「そんなにです」と正直に言うと爆笑していました。あまり普段本を読まないことを伝えると、どんな本を読みたいのか聞いてくれた上でどの本がお勧めかを教えてくれました。

 

タイプだったし指輪もしていなかったので、また教えてほしいと連絡先を交換して少し連絡を取っていましたが、草食系男子のようで恋愛の話は進まずお付き合いはしませんでした。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

なかなか普段の生活では文系男子に出会えないという方も多いではずです。

しかも、難しいのは好みの文系男子で、かつ、いま恋人が欲しい男性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。
恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

文系男子との出会いが欲しいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味の合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ