トレラン好きと出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

トレラン
Photo by Alexis Martín

『トレラン好きと出会いたいけど、どこで出会える?教えて!』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

雑誌やネットでお勧めされているようなコースの下見がお勧めです。

トレラン好きがコースに挑戦していたり、同じく下見に来ていたりしますよ。

 

トレラン好きは大抵ウェアやグローブ、靴などの装備で分かるので良さそうな人がいたら声をかけましょう。話題は勿論トレランのこと。

私もやってるんですと言えば共通の趣味があることから警戒されず普通に話してもらえるはずです。

私は有名なコースとややマイナーなコースと両方行きましたが、やはり人は有名なコースの方がたくさんいました。

 

しかしその分話しかける際に人目か気になるので恥ずかしがりやな人にはマイナーなコースが良いと思います。

周囲に人が少なくて話しかけやすいですし、相手も一人で来ていることが多いため即連絡先交換という流れになりましたよ。

今度お勧めのコース紹介してくださいて感じで次のデートの約束をしておくと関係が進みますよ。

 

■その2

トレイルランニングの好きな方は、現地で出会うのが1番早いかと思います。

よく、そういったコンセプトの会やパーティーもなくはないですが、営業目的の人や実際には興味のない方もいる場合があるからです。

 

まず初心者の方にオススメする場所は高尾山です。

都内有数の登山で有名な場所でもありますし、’出会う’というコンセプトなら人が多く来る場所でもありますし、いいと思います。

高尾山口駅から高尾山1号路を使い山頂を目指すルートです。距離でいうと10キロちょいですし、トレランを始める方にはちょうどいいと思います。

また、当日やっぱり嫌な方は登山でゆっくり歩くのも悪くないので、出来ることから始め、そこでの交流がいいと個人的には思います。

 

■その3

トレランを走るには、まず10キロ程度のランニングをしっかり走れることが大切だと言われたことがあります。

トレラン好きの人は、たいていマラソンから入るので、ランを目的としたサークルに所属するのがお勧めです。

 

ただ、あまり本格的すぎるサークルだと活動についていけないと思うので、走るのが好きな人、クライミングが好きな人など様々な志向の人が所属する総合アウトドアサークルに所属するのが良いのではないかと思います。

その方がゆるい感じで続けやすいですし、出会いを求める人も集まりやすいです。

 

首都圏にあるアウトドアサークルは500名を超える規模のものもあるそうですが、だいたい同じ志向を持つ人はグループになりやすいので、意外とアットホームに活動できると聞きます。

ネットなどで調べてみてはどうでしょうか。

 

■その4

トレイルラン好きと出会うには大会しかありません。

マラソンより専門性(マニアック性)の高いトレイルランにおいて、自然な流れでトレラン好きを見つけることは難しいです。

 

マラソン大会ではなく、トレラン大会に出る人というのはかなりのトレラン好きと言えます。

ノリでマラソン大会に出ることはあってもノリでトレラン大会に出ることはあってもほとんどないと言えるからです。そこに集まっているのは正真正銘のトレラン好きです。

 

あとはその大会を出会いに変えるべく、自然に声をかけることです。

レース中励ましたりレース後に声を掛け合うのはトレランに限らずスポーツの大会では当たり前のことです。自然に声をかけて自らそれを出会いにすることが大切です。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチ(match)です。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『トレラン好きの好みの異姓と実際に出会った体験談!』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

私の住んでいる静岡県の海沿いには、砂丘の手前に幅500mほどもある広い防砂林が続いています。

その中にトレランコースがあるのですが、ある土曜日の朝に走っていると、苦しそうに道端で体育座りしていた女性がいました。

肩で息をしている感じでしたからとても心配になり放っておけずに「大丈夫ですか?」と声をかけました。

 

私が肩からかけていたミネラルウォーターのボトルを渡して飲ませると徐々に落ち着いてきて、話ができるようになりました。

約30分ほど私がやっているトライアスロンの話で盛り上がり、その後連絡先を交換して何度か週末にカフェでお茶をするようになりましたが、結局彼女は引っ越してしまい、何も進展しないまま終わってしまいました。

 

■その2

私は街中のジョギングに飽きて、近場の三浦アルプスを中心にトレランをする様になりました。

職場で同僚とその話題をしていた所、20歳も若い後輩が「〇〇さん、トレランやられるのですか?」と話に加わって来ました。

 

どう見ても運動などせずパソコンでゲームをしている様なオタク君との認識をしていた彼でしたが、意外な事にトレランが趣味で休み毎に実施しているとの事。

話半分で聞いていましたが、ならばと週末に一緒に走ろうと約束しました。

 

当日は港南台から天園経由で北鎌倉に出るコースを設定し、港南台で彼と待合せました。

集合時間の6時に遅れる事無く来た彼ですが、もう一人派手な色のウインドブレーカーを羽織った女性が一緒でした。

私の頭は〇×△□、訳が分かりません。
「おはようございます」の挨拶に続き、「姉なんです」と言いながら、私を紹介する彼。

 

短い会話に中で、彼女は根っからのスポーツウーマンで、フルマラソンにも出場するとの事。

彼にトレランを勧めたのも彼女で、素直な弟くんは姉の指示に従い、毎週末に挑戦を続けているのが何となく分かりました。

女子社員に人気のイケメンの彼の姉さんです。

 

彼女も凄い美人。スタイルも長距離走のアスリートらしく抜群。こんな人と走れるなんて幸せ。

一発で気に入ってしまいました。

 

走りは彼女・私・彼の順で力が有り、私は彼女に着いて行けず恥ずかしい思いをしましたが、その後も彼をだしにして彼女とのトレランを楽しめる様になったのが収穫でした。

 

■その3

私がトレラン好きの異性と出会った場は、地元のヒマラヤというスポーツ店です。

この店には色々はスポーツ用品がたくさんおいています。私はあくまで通常のランニングシューズを求めて店に訪れたのですが、そこでしばらく会っていなかったかつての高校の学友の女性に会いました。

 

彼女は舗装されていない山道を走るのが好きということで、オフロードでもいけるタイプの靴を探していました。

彼女からトレランの話を聞くと、あえて舗装されていない道を走るのは、危険ではあるけど、自然を感じられて面白いそうと思いました。

 

体力には自信があったので、もともとは仲良しだった彼女に思い切って、気に入りのコースに連れていってくれと頼むと、OKを貰えて後日共に走ることが可能になりました。

確かに楽しかったですが、普通の道を走るよりも使えるし足がいたくなったと記憶しています。

 

■その4

私がトレラン好きの彼に出逢ったのは、今から約三年前の夏。

富士山近辺での。登山中の出来事でした。

三年前、私は会社のお盆休みを利用し小さな山に友人とハイキングを楽しみにやって来ていました。

 

登山を初心者なりに楽しんでいた最中、不運な事に友人とはぐれてしまった私を助けてくれたのが、彼でした。

丁度、富士山を走る足慣らしの為にこの山を軽く走っていたらしく、そんな最中に私達は奇跡的に出逢いました。

 

健康的に焼けた浅黒い素肌に長年鍛え上げたであろう屈強な肉体、そして文句なしの高身長で裏表のない無邪気で人懐っこい彼に、私は一瞬で好印象を抱きました。

そして彼の助けもあり、無事友人は見付かり、少しの間しか同じ時間を共有出来ませんでしたが、彼の将来の夢は、世界中の山々を己の足で登り走ってみたいとの事でした。

 

私もまた何時か彼と再会した時の為に、気軽に楽しめるトレランに挑戦してみようかと思います。

 

■その5

私は41歳男性ですが、トレランで異性と交際する機会がありました。

いつもホームグラウンドにしている10kmほどのトレランコースをランニング中に、マラソンのトレーニングと思われる5人のグループに遭遇しました。

あまり人のいないコースであることや休憩ポイントが重なったこともあり、そのグループと談笑する機会があり、
皆さん気さくな方で一緒に走ることになりました。

 

マラソンだけでなく、トレランにも幅を広げようとしているグループでその中にイイ雰囲気を持つ、気の合う女性(当時28歳)がいて、休憩ポイント毎にトークが盛り上がりました。

その日のゴール地点も同じだった事もあって、次回のグループ練習に参加の招待を頂いてLINEを交換したのが出会いのきっかけです。

 

互いにおすすめのランニングコースや食事管理について情報交換しているうちに稀に暴飲暴食の癖があるという共通の楽しみ!?があることがわかり、一緒に暴飲暴食デートを楽しむようになり、ストレスの発散が目的でしたが、

いつの間にか一緒に過ごす時間が長くなり付き合うようになりました。

 

トレランは競技人口も少ないですし、山というフィールドの特性上高齢者が多いですが年齢が若い方と会えば話すチャンスも多くなりますしアウトドアの持つ雰囲気も手伝って連絡先の交換も勢いでしやすいです(笑)

 

■その6

もともと、ロードランナーの自分の場合は、ある雑誌づてにトレイルランを知る機会を得ました。

そして、テレビでそれを見かける機会があり、同じ県内にトレイルランをやっている団体があり、そこに参加するようになりました。

 

これまでは知り得ることがなかった人に出会っていく中で、異性との出会いは当然あります。最初は、自然の中を走るのは、思った以上に爽快なものだと感じていました。

そして、ほとんどの参加者が普段からランニングやジョギングをしてるので、気づくと仲間意識が芽生えました。

 

そんなメンバーの中に、自分と同じメーカーのトレランシューズを履いている女性が1名いました。

トレイルランを終えてから、参加者でランチを一緒にしました。運良くその女性の近くに座ることができたので、積極的に話しかけました。

 

トレイルランを通して走り続けたことで自分に勇気をもたらしてくれたのかもしれません。徐々に彼女に対して心が開いていきいつしか友人ではなく恋人関係となりました。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

なかなか普段の生活ではトレラン好きの異姓(&好みの異性)に出会えないという方も多いではずです。

しかも、難しいのは好みのトレラン好きで、かつ、いま恋人が欲しい異性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。

恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

トレラン好きの異姓との出会いなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味の合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ