クリスチャンOKの異姓と出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

クリスチャン 出会い

『クリスチャンOKの異姓と出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ6件)

↓   ↓

■その1

日本はまだまだ宗教への理解が乏しく保身的であると言えます。ですが海外へ行ってみると宗教の多さや、その多様性に驚かされます。

たとえばお隣の国、韓国は儒教の国と思われがちですがクリスチャンもたくさんいます。むしろ儒教よりも今や多いと言っても過言ではない気がします。

必ず日本人の異性でないといけないというわけではないのなら、海外の異性に目を向けてみるのも良いのではないかと思います。

 

日本で海外の異性を探しても良いし、海外へ留学してみても良いし、または海外在住の日本人でも良いとおもいます。

日本人は仏教・神教以外のことをよく知らないため受け入れがたいという人もいますが、宗教は海外では結構当たり前みたいにそれぞれが持っているので、クリスチャンOKがたくさんいらっしゃる所に飛び出すのもよい恋活の方法の一つかと思います。

 

旅先、留学先での出会いはなんだか特別に感じたりと、私の知り合いの中にも海外で恋に落ちた人もいます。そして、私自身も海外で出会った異性が今の旦那様だったりします

 

■その2

僕は無宗教ですが周りの知人でクリスチャンではありませんが、やはり、色々と制約のようなものがあるようですね。

 

僕なりに調べてみたのですが、ヤハリお互いに理解があるようにクリスチャン同士の出会いが良いのではないのかと思いまして、今ではクリスチャン同士の出会いの場であるサイトもあるようですし、出会ってそこからどのように発展していくかも本人達次第だと思います。

 

または自分のブログでクリスチャンとしてブログを開設して募集してみるのも良いと思いますし、自分でクリスチャン達が集まるミサに出席するのも良いと思います。

しかし近場では・・・というのであればやはり、クリスチャンの出会いのを推奨しているサイトで募ってみるのが良いと思います。

場所によっては47都道府県登録できる所もあるようなので、そこから登録して募集してみたり既に投稿している方に自分から連絡をとってみるのも良いと思います

 

■その3

クリスチャンOKの異姓と出会いたいのならば、外国人が多くいるようなコミュニティへの参加をオススメします。

サークルでもなんでもそうですけれど、異文化に対して受け入れ体制があるコミュニティというのは、宗教に対しても理解がある人が多かったりしますからね。

 

異文化コミュニケーションで慣れていたりしますので、たとえ自分の家の仏壇が浄土真宗(仏教)であったとしても、「あなたはクリスチャンなんだ。ふーん」ぐらいな感覚で、べつにクリスチャンだから遠ざけたりということはないでしょう。

双方で宗派が違うカップルは夫婦も含めて、時々いますからね。ですからクリスチャンだからといって、引け目に感じることはないのですが、なんてことなく受け入れてくれる傾向があるのは、やはり異文化慣れしているタイプの人だという印象はありますね。

 

■その4

クリスチャンが大丈夫な異性と出会いたい場合、ほとんどの異性は相手がクリスチャンであることに不快感を持つ人はいないでしょう。

ですからクリスチャンであろうとなかろうと、そんなことは異性との出会いには関係ないことなのです。堂々と普通に出会いを楽しみましょう。

 

むしろクリスチャンであることに難色を示すような相手なら、最初から運命の出会いの人ではなかったのだとわかるので良いことかもしれません。クリスチャンであることはなんらデメリットになることではないので、その自分の宗教に関しては意識しないで良いのです。

 

同じクリスチャンであることを相手に求めるのでしたら話はちょっと違ってきます。是非普段から通っている同じ教会内での出会いを探してみてはどうでしょうか。

 

■その5

学生時代の友達の両親が教会をやっていて、友達(女性)もクリスチャンだったのですが、クリスチャンの方は人間的に尊敬できるような人が多いなと感じています

彼女の場合は、やはり自分の家が教会なのもあって異教徒とかではなくて、クリスチャンの人OKの異姓でないと付き合うのをためらっていましたが、実際に同じクリスチャンと出会えて結婚されたようです。

 

やはりクリスチャンですから、教会関係の会合やパーティーみたいなようなもので何度か会ううちにつきあうようになって結婚したと聞いています。

自然な出会いだし、同じような考え方同士で、やはり宗教などを進行されているせいかおだやかで落ち着いていて二人とも雰囲気が似ている素敵な二人でいつもあこがれています。

 

■その6

私は以前クリスチャンであるという理由で、好きな人に別れを告げられたことがありました。それ以降、人を好きになることに恐怖心を抱いていたのですがそんな私にも恋人ができました。

現在の彼は、マッチングサイトで知り合った人です。

彼自身はクリスチャンではないのですが、プロフィール欄に記載したクリスチャンであるという事実を知ったうえでメッセージをくれました。過去のことがあったので実際に会うとなった時にはドキドキしたのですが、その時も私の信仰を否定することなく終始優しく接してくれました。

 

今回のことでよくわかったのですが、真剣に付き合いたい人には特に最初から自分の信仰を明らかにしておいた方がいいと思います。信仰を理解したうえで思いを寄せてくれる人であれば、後になって残念な結果になることもないと感じました。

 

好みの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、宗教、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

教会
Photo by David Yu

『クリスチャンの好みの異姓と実際に出会った体験談!』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

僕は現在カトリック教会に通っている求道者(洗礼を受けていない勉強の段階)です。

キリスト教の洗礼を受けたいと前々から思っていて、ある日意を決して、日曜日のミサに参加したのがはじまりです。

最初のうちは要領がわからなかったですが、辛抱強く毎週通ううちに、ミサの内容と式次第(式の順序)について徐々にわかってくるようになってきました。

 

ある日、斜め後ろの席に僕と同じように、一人で参加していると思われる女性を発見しました。

彼女もどうやらあまり慣れていない様子だったので、なんの下心もなく教えてあげたりするうちに、少しずつですが話ができる関係になりました。

最初のうちは顔を合わせても個人的な連絡先を交換することもありませんでした。その代わりに、僕が別の曜日に出席している「聖書勉強会」に参加するように約束をしました。

 

彼女も求道者とのことで、一緒に「聖書勉強会」に参加して勉強するのが楽しみになっています。お互い依然として求道者ではありますが、ゆくゆくは二人とも問題なく洗礼を受けて、クリスチャンになると思います。

勉強会の後と、日曜日のミサの後にお互いの予定が空いていればお昼ご飯を一緒に食べたり、お茶を飲んだりする関係になっています。

 

■その2

普段の生活をしていて相手が、クリスチャンかどうかっていうのはなかなか知る機会は少ないと思います。あえて自分からクリスチャンであることをアピールする人はほとんどいないからです。

 

私は所属しているカトリック教会のイベントで、結構タイプの男性に出会うチャンスが何度もありました。

基本、クリスチャンの男性はすごく優しくて頼りになるタイプの人が多いです。

ですからカトリック教会に限らずプロテスタント系でも、だいたい日曜日に礼拝があったりしますし、あとはイースターとかクリスマスなどにも特別礼拝やパーティーなど信者同士が集う機会はたくさんあるので、自分の宗派の教会の行事や集まりに積極的に参加することをおすすめします。

 

■その3

ハワイに住んでいる時に熱心なクリスチャンの男性に出会ったことがあります。彼はハワイで生まれ育ったアメリカ人で色んな人種が混じってる人でした。

見た目もイケメンで好みでした。

 

出会ったのは、あるショッピングモールのバス停でバスを待っている時に彼も待っていたのか通りかかっただけなのか知りませんが、声をかけられました。

最初は、日常的な普通の会話をし、電話番号を交換しその後何度かデートをしました。その後付き合うことになったのですが、お金のない私たちはビーチでのデートが多かったです。

 

そのあと教会へも何度も一緒に行く関係になりましたが、あまりにも熱心な方すぎてついていけず最終的には別れることになりましたが、半年以上は付き合っていました。今思えばとても優しい女性思いの男性でした。

 

■その4

少し前の話ですが、ネットゲームの中で知り合った女性がおりました。その中で、意気投合しましてリアル世界で会うことになりました。

 

ゲームの世界ということもあって、本当に女性なのかどうかわかりませんでしたが、実際会ってみると、普通に女性でしたのでほっとしました。
話をしていくうちに、彼女はクリスチャンだということが判明しまして、家族全員がクリスチャンという話でした。

 

自分だけなら、相手の宗教はあまり考えなくても良いけど、やはり親もクリスチャンということもあってか、結婚を考えるとなると、同じクリスチャンの人じゃないと無理だと思うと言っていました。

何度か会って遊びましたが、恋心を抱いていたのは私だけで、彼女は友人の一人くらいの感覚しかなかったようで、宗教の問題に発展する前に終わってしまった私の恋でした。

 

■その5

私はアメリカ留学中にクリスチャンの男性Aと知り合いました。彼は中国人で私と同じ大学に留学をしていました。

留学生同士でグループ交際のような感じになり、皆で観光をしたり夜にはクラブに行ったりと留学生活を満喫しました。

 

Aは短期留学だったので、私より先に帰国しました。Aが帰国後、私は寂しくAに会いたくて仕方ありませんでした。メールで連絡を取ったところ、Aも私に会いたかったと言われました。

 

それから、テレビ電話やメールで頻繁に連絡をとりました。時差があるので、連絡を取り辛い時もありましたが、何とか遠距離恋愛を実らせ交際することができました。

私が日本に帰国してからは、彼が日本に遊びに来てくれることも多く結婚の話も出ています。

 

↑  ↑
以上が口コミになります。

なかなか普段の生活ではクリスチャンOKの異性に出会えないという方も多いではずです。

しかも、難しいのはクリスチャンOKの異性で、かつ、今恋人が欲しい異性という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、真面目な出会い限定の恋活サイトがおすすめです。
恋活サイトは、宗教、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

クリスチャン 出会い02
Photo by Andrew Sweeney

クリスチャンOKの異性との出会いが欲しいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのがかなり魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。(※写真比率が高いということは、それだけ真剣に恋活をしていると推測できます。)

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、宗教、外見、年齢、趣味、興味、キーワード検索などで簡単に好みの異性を見つける事が可能です。
信仰でキリスト教(カトリック、モルモン、プロテスタント)などから選択して相手を探せます。

 

また、ペアーズでも同様に外見、趣味、興味、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

うまく検索すると登録している方たちは『趣味・興味の合う好みの異性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点も合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ