研究員と出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

研究員 出会い

『研究員と出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

私がおすすめする出会い方は、理系の大学院の校舎に行ってみると、かなりの確率で出会えると思います。

 

私の会社の研究員の男の子は、就職したあとでも、大学院の研究室に顔を出しに行っている話を聞きました。やっぱり、卒業しても研究が好きなんですね。

有名大学のキャンパスで声をかければ、すぐに知り合いになれるかも!?

 

あとは、秋葉原に行くと、研究員の男性かなりいるんじゃないのかと思います。分野的に秋葉原に興味がある人が多いと思うので。でも、全員が研究員とは限らないので、前者のほうがおすすめかも。

 

また、一番早いのは、出会い相談所などで、研究員の職業の方を見つけて紹介していただくのが、一番確実な方法のような気がしますね。

 

■その2

某研究所の研究員として働く女性です。

 

一般企業に勤務する研究員のケースは少し違うのかもしれませんが、大学や公的研究所で働いている研究員って、朝から夜までずっと職場、下手すれば休みの日も研究といったことがザラにあります。

だから、生活範囲がすごく狭いんですね。コンパするなんてことも少ないし、あっても所謂同業者どうしのケースがほとんど。そして職場結婚がとても多いです。

 

じゃあ、研究してない人が研究員と出会うなんて出来ないの?と思われるかもしれませんが、研究員の生活範囲の狭さを上手く利用すれば可能です。

ズバリ、研究所や大学内にあるショップで働くこと。

 

研究所や大学には、食堂、コンビニ、カフェ、レストランなど、結構色んなお店が入っています。そしてそこには確実に仕事疲れした研究員がやって来ます。

研究詰めでヘトヘトになっている時、店員さんが笑顔で「お疲れ様です。」と言ってくれると、かなりキュンとすると思います。研究員やってる人って、結構恋愛に奥手だったりするので、それだけでかなりのインパクトになるでしょう。

 

■その3

金融機関に勤務しており、研究機関と深く関わる政府の機関に出向経験があります。

「研究員(恋愛対象として)出会う方法は?」と理解して例を一つ上げます。

 

研究員は勤務体系や研究内容により外部との接触度合いは全く違います。OLやサラリーマンのように9時5時の勤務の方もおられればずっと深夜まで篭もりっきりの方もおられます。

出会いの多い方は研究者以外は、やはり施設の関係者・大学であれば職員、その他は医薬品メーカーや研究用品・機器の商社などになります。

 

接触の機会として一番自然なのは、学会やシンポジウムなどです。

若手を対象としたシンポジウムや研究発表会などには若い男性や女性の研究者はよく顔を出しています。また、医薬品メーカー系であれば東京ビックサイトや各地方の会場で説明スタッフにかりだされることもあり、それらが狙い目と言えます。

 

シンポジウムはインターネットなどで部外者でも簡単に申し込めるものもかなりあります。お目当ての研究者の発表のあと「興味があります。」わからないところを質問して近づくのも良い方法です。

特に若い研究者は自分の研究に些細な興味でも持ってくれる人は大歓迎ですから。

研究発表者でなくても「興味があるのですが素人でわからないので教えてもらえませんか」と話かけるのもごく自然だと思います。

 

■その4

研究員の人は割と、どうしても室内でこもって作業していますし、性格も内向的な方が多いので、合コンやパーティーなどの社交的な場では出会いにくいかもしれません

オススメなのは、婚活サイトですね。

 

研究員の方も結婚は考えてらっしゃる方が多いですので、こういう婚活サイトのようなものに登録している可能性が高いです。

プロフィール検索などをして、探してみましょう。見つけたら気さくに話しかけてみましょう。

 

また結婚相談所などにも登録して探してみるといいです。

こちらはプロの相談員が探してくれたり、アドバイスしてくれますので理想の相手を見つけやすいのでオススメです。

 

その他には、知人のツテで出会うという手もありますね。研究員の友達がいる人がいれば、紹介してもらうよう頼んでみましょう。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

研究員男性は、知り合いにでもいない限り出会うのはなかなか難しいそうですよね。そのため、リアルの生活では研究員を探そうとするとかなり面倒で大変です。

 

しかも、難しいのは好みの研究員男性で、かつ、今恋人が欲しい男性(彼女がいない)という両方を満たした方を探す必要があります。

 

そんな場合は、恋活サイト、恋活アプリがおすすめです。

恋活サイトは、職業、趣味・興味などでスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。
(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

研究員男性と出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

ちなみに両方とも写真比率が高いのも魅力です。
ペアーズに関しては、顔写真がないと登録できません。

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、職業、キーワード検索などで簡単に好みの研究員男性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様に職業、キーワードなどから検索することができます。
(ペアーズの場合は、フェイスブックアカウントが必要です。登録しても友達にはバレない仕組みになっているので安心です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

 

当たり前ですが、うまく検索すると登録している方たちは『好みの研究員男性で、かつ、恋人がほしい方』です。そのため、出会える可能性が高いといえます。趣味などが合えばさらに確率が上がります。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。
(この点が婚活パーティー、合コンとの違いです。)

利用してみるとかなり便利なので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ