読書好きと出会いたい!おすすめの出会い方は?~口コミはこちら

出会い 読書好き

『読書好きと出会いたい!おすすめの出会い方は?』(口コミ4件)

↓   ↓

■その1

読書好きの人と出会うためには「ブックカフェ」に行くことをお勧めします。

 

私は本が好きでよくブックカフェに行きます。

本を読みながらおいしいコーヒーが飲めるので最近話題の場所ですね。ブックカフェには多くの常連さんがいます。私もその一人なのですが何度か顔を合わせていると常連さん同士あいさつを交わすようになるのです。

 

そこから会話に発展した人も何人かいます。

何の本を読んでいるのか気になりますしおすすめの本を知りたいという感情は同じなので会話も弾みます。もし、同じ作家さんの作品を読んでいればなおさらですよね。

 

ブックカフェにもよるかと思いますが、私のところは作者別に分かれているので同じ作家さんの本を読む人は同じ棚に行くので判別しやすいです。

いい人、いい本に出会えるブックカフェ。いかかでしょうか。

 

■その2

本好きの人が集まる場所やコミュニティに参加するのがよいと思います。

私も利用していますが、読書メーターなど登録してみてはいかがでしょうか。本好きな方は同じ趣味の方とわかちあいたいと願うことが多いです。

 

自分が読んだ本に対する感想を書いておくと、同じ本を読んだ人から反応があったり、また自分からアクションを起こすこともできます。

相性というシステムがあり、自分が登録している本のジャンルなどから、相性がぴったりのユーザーを紹介してくれたりもします。私は書店関係の仕事をしていましたが、職場で働いている人はほとんど本が好きで男女問わず皆さん利用されていました。

 

インターネット上ではちょっと・・・という方は、ブックカフェなどに通ってみるのもいいかもしれません。読書好きが集まる場所なので、頻繁に通っていれば顔見知りができ話をする機会も増えると思います。

 

■その3

読書好きと出会いたい場合には、やはり本が多いところに行くとよいでしょう。

本が多いところといえば本屋さんや、図書館などが思い浮かびますね。

 

近頃はコーヒーが飲める書店などもあり、多くの読書好きな方が集っています。そういうところに通えば自然と本好きな方たちとの出会いも増えると思いますね。

本屋さんや図書館を利用している人たちだけではなく、意外なところではそこで勤めている人なども実は本好きな方が多いので、書店の人たちや図書館司書さんなども狙い目ではないでしょうか。

 

めぼしい方がおられたら、「今どんな本がおすすめでしょうか?」などと聞いてみるとよいでしょう。みなさん専門のひとですから快く教えてくれるはずです。

 

■その4

読書好きと出会いたいなら、まずは、本屋に行くことをおすすめします。

本離れが進んでる最近の日本で、本屋いる人は確実に本が好きな人です。ですので、気が合いそうな感じの人を見かけたら、お店を出るときにでも声をかけてみることをおすすめします。

 

また、古本屋でも大丈夫だと思います。

図書館に通うというのもよいと思います。

図書館で本を選んでいる人や、勉強している人と友達になれるよう声をかけてみましょう。学生であれば、文学部への進学をおすすめします。確実に本が好きな人ばかりですので、出会いはたくさんあります。

 

また、読書サークルに参加してみるのもよいと思います。サークルですので、交流会や飲み会などもあると思いますので、出会いの幅が広がると思います。

 

読書好きの異姓に出会えない!そんな場合には、恋活サイト・恋活アプリがおすすめ

リアルの出会いでは、好みの異姓がいてもすでに恋人がいる・・・というケースが多いです。

一方、恋活サイトでは、恋人がほしい方しか登録していないので、あとはその他の条件さえマッチするば恋人を作るのは難しいことではありません。

 

そして、恋活サイトでは、趣味、興味、外見などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能です。(経験上、趣味が共通すると話が盛り上がり、恋愛に発展する可能性が非常に高まるのでおすすめです。)

おすすめは、大手のマッチです。

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

 

『読書好きの異姓と実際に出会えた方の体験談』(口コミ5件)

↓   ↓

■その1

私(男性)が25歳くらいの頃、職場などで出会いが全く無かったため、某有名検索サイトを運営する会社の出会い系サイトを利用することにしました。

私の趣味は読書で主に日本人の作家村上春樹さんなどのファンでした。

 

前述した出会い系サイトで同じく読書が趣味の女性、当時彼女は33歳で私よりいくぶん年上でしたが、共通の趣味があったため実際に会って話しをしようということになりました

彼女がいきつけの私が普段あまりいかないような恵比寿のカフェでお茶をしたのですが、読書の話で話題ははずみ大変楽しい時間を過ごしました。

 

私は今まで伊坂幸太郎さんの小説を読んだことが無かったのですが、彼女のお勧めで村上春樹ファンならきっと楽しめるとのことでしたので、小説「ラッシュライフ」を貸して貰って読んでみると大変心を打たれハマってしまいました。

それからも彼女と何度か会い、本の話などをして楽しいときを過ごし、交際に至りました。

 

■その2

読書の趣味を持っている異性との出会いはとても貴重です。最近は本を読むと言う人がすごく減っているので読書好きの人に出会う確率は案外低いのです。

 

私が読書好きの異性と出会えたきっかけは、ネットの読書感想を交換する掲示板があったのでそこに出入りするようになってから、かなりあっという間に気があう異性を見つけることができました

 

こういう読書好きの人のためのコミュニティは、ちょっとネットでサーチすればそれこそ星の数ほどヒットします。

その中で書評の意見交換がより活発なコミュニティを見つけて積極的に参加していればおのずと親しい仲間ができますし、その中から直感的に気が合いそうな異性とも出会うことができます。

同じコミュニティの中で、すでに結婚した人も何組かいますから、気が合えばどんどん付き合いが深まるチャンスがあるのでおすすめです。

 

■その3

僕はTwitterで読書好きの女性と知り合い、文字だけのやり取りを通して出会いました

 

その女性はブログを書いており、知り合った当初からブログのファンになりました。ブログを書くだけあって、文章がとても上手なので話を聞いているとやはり読書が好きな女性でした。
ライターの仕事もしており、図書館でいつも読書をしていると言っていました。

 

僕も読書は好きなので、そういう自分の性格からその人に惹かれたのかも知れません。

そして一年間ずっと文字だけのやり取りをしていました。日常の他愛もない話や困りごとの相談、好きな本や作家の話、Twitterでの他の友達のことなどをDM(ダイレクトメール)で話していました。時にはグループでLINEのやり取りをしたりしました。

 

そして猛アタックの末、やっと通話をしてもらえました。
一年間、文字だけのやり取りだったので、すごく不安でしたが普通に話せました

 

現在も仲良く話しています。近々会う予定です。

お互い好意を持っているのでうまく行くと信じています。
同じ趣味を持っているので話が合いますので、会話の糸口はすぐに見つかります。あとは粘り強くアタックするのみですね。

 

■その4

僕はそこそこ本は読む方なのですが、読んだ本の話題を共有できる友人ってなかなか周りには居ません

読書好きの女性と出会うなんて不可能、そう思っていましたがそれでも出会いはありました。

 

僕の場合は出会いと言っても飲み屋、いや正直に言うとキャバクラなのですが、付いた女の子に趣味は読書って感じで話題を振ってみたら意外に食いつきがよく話が弾んでしまいました。

彼女は純文学をよく読んでいるらしく、川上弘美や村田喜代子なんかの本の話題で盛り上がりました。

彼女とはLine交換し何回か食事に行ったくらいで特に交際に至るような事はありませんでしたが、異性とカフェでお茶しながら好きな本の事を語り合うなんてとても楽しい時間でした。

 

■その5

私(女性)が高校生の頃です。

当時美術部に所属していたのですが、毎日厳しい練習のある運動部とは違い、絵を描きつつある程度好きなように部活の時間を使うことができました。

ライトノベルや漫画が流行し、私の周りもそういう傾向にありました。ラノベも漫画も好きだけれど、やっぱり活字で場面を想像して読むのが好きだったわたしは、学校の図書室を部活の時間よく利用していました。

 

ある作者の作品を片っ端から読んでいたとき、ふと気づいたことがありました。

私が読んだ作品のあとを追うように読み進めている人がいるみたい。私が借りた本を、二日違いで追ってくる人がいたのです。

 

その人は一つ年上の三年生で、辛うじて顔だけ知っている程度でした。最初は気のせいだと思い、気にしなかったのですが、その作者から他の作者の本へ移ったとき、やはり同じように追いかけて読んでくることに再度気づき、何だか少しドキドキしました。

そのうち私はその人におすすめするかのように、自分の好きな本を借り、色々なジャンルの本を彼に紹介するようになりました。

 

でもどうしても、本人と直接言葉を交わすことは出来なかったのです。とても素敵な出会い方だったのに、最後の勇気が振り絞れず、彼は卒業していきました。

後から仲の良かった図書室の司書の先生に聞いたのですが、よく図書室を利用する私のことを何度も見かけ、どんな本を読むのだろうと気にかけていたとのことでした。

小さな図書室での出来事。このことは彼と私と、司書の先生だけの秘密です。

 

↑  ↑
以上がアンケートになります。

 

なかなか普段の生活で、読書好きの好みの異性に出会えない方も多いかもしれません。

しかも、読書好き、かつ、恋人がほしい方を探さなくてはいけません。

 

そんな場合は、恋活サイト、恋活アプリがおすすめです。
恋活サイトは、趣味、興味などからスマホ片手に簡単に相手を見つけることが可能だからです。

読書好きと出会いたいなら恋活サイトが簡単!~マッチとペアーズで出会える♪

おすすめは、マッチとペアーズです。(私もこの2つをメインに使っています。)

恋活サイトといっても両方とも真面目な出会い前提のサイトです。

 

マッチは、真面目な出会い限定の世界最大級の恋活サイトです。

マッチでは、キーワード検索などで簡単に読書好きの異性を見つける事が可能です。

 

また、ペアーズでも同様にキーワードなどから検索することができます。
(ペアーズではフェイスブックアカウントが必要です。フェイスブックの友達にはバレない仕組みになっているので安心して利用可能です。)

さらにペアーズではコミュニティ機能があります。

たとえば、読書系のコミュニティでは

・読書好き!

・カフェで勉強、読書

・読書すきな人、集まれぇ!

・お風呂で読書

・カフェ読書が大好き!

・読書はkindleで

・通勤中も読書

・海でボーッと読書

・ノンフィクションよく読みます

などが存在します。(その他、作家名など。)

 

当たり前ですが、登録している方たちは『読書好きの異性、かつ、恋人がほしい方』ばかりです。そのため、出会える可能性が高いといえます。

また、空いた時間にPCやスマホで利用できるのもポイントが高いです。

利用してみるとかなり面白いので、ぜひ一度恋活サイトを利用してみてください。

 

使うほど精度が高まるマッチング技術搭載!
⇒えっ?マジメ系なの!マッチ詳細(登録無料)

⇒コミュニティ機能でつながる!ペアーズ詳細(登録無料)

 


趣味・興味や仕事から簡単に相手を探せます。出会いが全く無いならこちら♪

真面目な出会い限定
▼  ▼

恋活サイトランキングへ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ